時忘人(ときわすれびと)

投稿者marijaプレイ回数965
楽曲情報 時忘人  KAITO  作詞HINAYUKKI@仕事してP  作曲HINAYUKKI@仕事してP
難易度(2.4) 1212打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ KAITO カイト 時忘人 ボーカロイド
ボーカロイドKAITOの「時忘人」タイピング♪
※このタイピングは「時忘人」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はなやいだまちにひとりときわすれびとは)

華やいだ街に独り時忘人は

(くれないいろにいろどられたかべせにして)

くれない色に彩られた壁背にして

(ゆきかいしひとなどめもくれずだれをまつ)

行き交いし人など目もくれず誰を待つ

(ふるびたつるぎみぎてにちいさくいのりささぐ)

古びた剣右手に小さく祈り捧ぐ

(ながきにわたるいくさも)

長きに渡る戦も

(おわりをつげたというのに)

終わりを告げたというのに

(かれらはどこにいる)

彼等はどこにいる

(いまだみどりひとつはえぬかのちで)

未だ緑ひとつ生えぬ彼の地で

(たたかいつづけているのだろうか)

戦い続けているのだろうか

(ぼくはかれらをまつ)

僕は彼等を待つ

(うごいていたときがとまった)

動いていた時が止まった

(ぼくたちはたしかにそこにいた)

僕達は確かに其処にいた

(かぜがないだもうとどかない)

風が凪いだもう届かない

(いのりはうたかたにきえゆくよう)

祈りは泡沫に消え逝くよう

(きこえていたこえはもうない)

聴こえていた声はもう無い

(みえないかべにたえずさえぎられ)

視えない障壁(かべ)に絶えず遮られ

(つながっていたいとはからまり)

繋がっていた糸は絡まり

(ぼくはただうごけずここにいる)

僕はただ動けず此処にいる

(ひがしずみあかいつきがかなしげにうかぶ)

陽が沈み紅い月が悲しげに浮かぶ

(ときにおきざられたままよをくりかえして)

時に置き去られたまま夜を繰り返して

(ともにささえあいちからあわせ)

共に支え合い力合わせ

(たたかいつづけてきた)

戦い続けてきた

(かれらはどこにいる)

彼等は何処にいる

(いまもかぜのないかわいたかのちで)

今も風の無い渇いた彼(か)の地で

(たたかいつづけているのだろうか)

戦い続けているのだろうか

(ぼくはかれらをまつ)

僕は彼等を待つ

(たたかってきたきおくがあった)

戦ってきた記憶があった

(せなかあずけてたなかまがいた)

背中預けてた仲間がいた

(このまちにはぼくだけがいる)

この街には僕だけがいる

(あのみなれたかおはいまどこに)

あの見慣れた顔は今何処に

(なくしてたさがしてた)

失クシテタ探シテタ

(とてもたいせつなことを)

トテモ大切ナコトヲ…

(ぼくがここにいるいみを)

僕が此処にいる意味を

(うごけないそのわけを)

動ケナイソノ理由(わけ)ヲ

(ぼくだけがちがっている)

僕ダケガ違ッテイル

(ずっとさからいつづけてきたこと)

ずっと逆らい続けてきたコト

(とまっていたずっとまえから)

止まっていたずっと前から

(なにひとつきこえなくなってた)

何ひとつ聴こえなくなってた

(ひだりむねにてをおしあてる)

左胸に手を押し当てる

(ぼくのしんぞうはもううごかない)

僕の心臓はもう動カナイ…

(うごいていたときがとまった)

動いていた時が止まった

(おなじようにぼくもとまってた)

同じように僕も止まってた

(かぜがないだもうとどかない)

風が凪いだもう届かない

(なみだなくこえもなくないてた)

涙無く声も無く泣いてた

(にぎりしめたひとふりのつるぎ)

握り締めた一振りの剣

(ここがきっとぼくのいばしょだと)

此処がきっと僕の居場所だと

(だれひとりきづくことなく)

誰ひとり気付くことなく

(ときをわすれただかれらをまつ)

時を忘れただ彼等を待つ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。