ゆきのいろ

投稿者ちゅらさんプレイ回数00
楽曲情報 ゆきのいろ  ポルノグラフィティ  作詞新藤 晴一  作曲新藤 晴一
難易度(3.2) 983打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 j-pop ポルノグラフィティ
※このタイピングは「ゆきのいろ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 sabi 3989 D++ 4.0 97.4% 242.4 993 26 29 2021/01/04

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くらいへやのかべにかかるいちまいのえ)

暗い部屋の壁に掛かる一枚の絵

(ないたりわらうたびぬりかさねてきた)

泣いたり笑うたび塗り重ねてきた

(きれいないろばかりじゃないぼくのえに)

綺麗な色ばかりじゃない僕の絵に

(ゆきのようなきみのすがたどうえがこうか)

雪のような君の姿 どう描こうか

(ぼくはゆびさきをよごしたままつったってる)

僕は指先を汚したまま突っ立ってる

(こんなてでふれたらきえてしまわないかな?)

こんな手で触れたら消えてしまわないかな?

(なぐりがきのままだったぼくのみらいまでも)

殴り書きのままだった僕の未来までも

(とてもいみがあるようなきもちになる)

とても意味があるような気持ちになる

(いまきみがいるだけでぜんぶがうまくいきそうで)

今 君がいるだけで 全部がうまくいきそうで

(すすんでゆける)

進んでゆける

(だれかにひどいことばなげつけられ)

誰かにひどい言葉 投げつけられ

(やぶりすてそうになったときもあったけれど)

破り捨てそうになった時もあったけれど

(たいせつなものはたしかでそんなかんたんに)

大切なものは確かで そんな簡単に

(けがされはしないとどっかでかんじていた)

穢(けが)されはしないとどっかで感じていた

(めでるでもなくかざるでもなく)

愛でるでもなく 飾るでもなく

(なにげなくすぎるひをありのままにうつして)

何気なくすぎる日をありのままに写して

(ふりそそぐひかりのなかでどんなきみにあえて)

降り注ぐ光の中で どんな君に会えて

(あとどれだけのひょうじょうをみつけられる?)

あとどれだけの表情を見つけられる?

(あたためたてのひらであたらしいいろをのせるよ)

温めた掌で新しい色を乗せるよ

(まじわるれいやー)

交わるレイヤー

(ゆきのいろはなにいろだろう?ただのしろじゃつめたくて)

雪の色は何色だろう?ただの白じゃ冷たくて

(このまちをおおうゆきはどこかあたたかくみえる)

この町を覆う雪はどこか暖かく見える

(じぶんではどうしようもないもつれあったきのうを)

自分ではどうしようもない 縺(もつ)れあった昨日を

(ていねいなてじゅんでそっとほどいてくれた)

丁寧な手順でそっと解(ほど)いてくれた

(せまるゆうやみのそこしずんでしまわないように)

迫る夕闇の底 沈んでしまわないように

(なぐりがきのままだったぼくのみらいまでも)

殴り書きのままだった僕の未来までも

(とてもいみがあるようなきもちになる)

とても意味があるような気持ちになる

(いまきみがいるだけでぜんぶがうまくいきそうで)

今君がいるだけで 全部がうまくいきそうで

(すすんでゆける)

進んでゆける

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ちゅらさんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971