炎/稲葉浩志

投稿者シーサープレイ回数00
楽曲情報 炎  稲葉 浩志  作詞稲葉 浩志  作曲稲葉 浩志
難易度(3.7) 841打 歌詞 長文モード可タグB'z 歌詞 稲葉浩志
アルバム「志庵」収録
※このタイピングは「炎」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 kyon 6861 S++ 7.1 95.9% 118.2 847 36 22 2020/11/20

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(もえさかるほのおをとびこえてここまでおいでよ)

燃え盛る炎を飛び越えて ここまでおいでよ

(つきにむれるくもがちらばりひとのかげはきわだって)

月に群れる 雲が散らばり 人の影は際立って

(てーるらんぷのすきまをぬってただはしりかぜによって)

テールランプの隙間をぬって ただ走り風に酔って

(きみのこえがひびいて)

君の声が響いて

(もえさかるほのおをとびこえてここまでおいでよ)

燃え盛る炎を飛び越えて ここまでおいでよ

(ってあんまりまっすぐみつめるからぼくはなすすべもない)

ってあんまりまっすぐ見つめるから 僕はなすすべもない

(とおくゆれるほしをみてた)

遠く揺れる星を見てた

(まちをうめるよこしまなdreamうらやんでしんごうをまって)

街を埋める 邪なdream うらやんで信号を待って

(せなかにくらくしょんあびてしゃいなあくしょん)

背中にクラクション 浴びてシャイなアクション

(だれもみちゃいないけど)

誰もみちゃいないけど

(きみのことばがふってくる)

君の言葉が降ってくる

(なにももたずだれにもならないでここまでおいでよ)

何も持たず 誰にもならないで ここまでおいでよ

(ってあんまりやさしくうたうもんだから)

ってあんまり優しく歌うもんだから

(ぼくはみちにまよいよるをにげるようにさまよう)

僕は道に迷い 夜を逃げるようにさまよう

(ぼくらはいったいどこからだいたいやってきたんでしょう?)

僕らは一体 どこからだいたいやってきたんでしょう?

(くちはてることのないまぶしいふうけいくらい)

朽ち果てることのない まぶしい風景くらい

(むねにひとつはもってるでしょう?)

胸に一つは持ってるでしょう?

(きみをわすれなにもかわらずにきっとくらせるだろう)

君を忘れ 何も変わらずに きっと暮らせるだろう

(そんなへいわなひがきたとしてもものたりないだろう)

そんな平和な日が来たとしても 物足りないだろう

(もえさかるほのおをとびこえてそこまでいってみよう)

燃え盛る炎を飛び越えて そこまでいってみよう

(いまでもきみがほほえむのならなにもこわくないよ)

今でも君が微笑むのなら 何もこわくないよ

(みちはどこまでもつづくよまるでながれるかわのように)

道はどこまでも続くよ まるで流れる川のように

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。