空想フォレスト

投稿者ほたるプレイ回数397
楽曲情報 空想フォレスト  IA  作詞じん  作曲じん
難易度(2.2) 1467打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞 IA カゲプロ
空想フォレスト IA じん(自然の敵P)
じん(自然の敵P)さんの「空想フォレスト」のタイピングです。

1stアルバム「メカクシティデイズ」収録曲
※このタイピングは「空想フォレスト」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 るーるな 9053 9.2 98.2% 156.4 1441 25 65 2020/10/03
2 かにキング 8799 8.9 98.2% 160.8 1441 26 65 2020/09/30
3 あい 6645 S+ 7.0 94.2% 206.9 1464 89 65 2020/10/10
4 青抹茶 6416 S 6.7 95.6% 218.8 1471 67 65 2020/10/11
5 新参者 5368 B++ 5.8 92.1% 249.8 1465 124 65 2020/10/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なつかぜがのっくする)

夏風がノックする

(まどをあけてみると)

窓を開けてみると

(どこからかまよいこんだとりのこえ)

何処からか迷い込んだ鳥の声

(よみかけのほんをおき)

読みかけの本を置き

(どこからきたんだいとわらう)

「どこから来たんだい」と笑う

(めかくししたままのごごさんじです)

目隠ししたままの午後三時です

(せかいはあんがいしんぷるで)

世界は案外シンプルで

(ふくざつにかいきしたわたしなんて)

複雑に怪奇した私なんて

(だれにりかいもされないまま)

誰に理解もされないまま

(まちはずれもりのなかひとめにつかないこのいえを)

街外れ、森の中、人目につかないこの家を

(おとずれるひとなどいないわけで)

訪れる人など居ない訳で。

(めをあわせないで)

目を合わせないで!

(かたまったこころひとりぼっちであきらめて)

固まった心、一人ぼっちで諦めて

(めにうつったものにあんどするひびは)

目に映った無機物に安堵する日々は

(ものがたりのなかでしかしらない)

物語の中でしか知らない

(せかいにすこしあこがれることくらい)

世界に少し憧れることくらい

(ゆるしてくれますか)

許してくれますか?

(たんたんとながれだした)

淡々と流れ出した

(うまれてしまったりふじんでも)

生まれてしまった理不尽でも

(あんがいじんせいなんで)

案外人生なんで。

(わたしのなかじゃ)

私の中じゃ。

(ねぇねぇとっぴなみらいを)

ねぇねぇ、突飛な未来を

(そうぞうしてふくらむせかいは)

想像して膨らむ世界は

(きょうかあしたでも)

今日か明日でも

(のっくしてくれないですか)

ノックしてくれないですか?

(なんてもうそうなんかして)

なんて妄想なんかして

(そとをながめていると)

外を眺めていると

(とつぜんにきこえてきたのはしゃべりごえ)

突然に聴こえてきたのは喋り声

(のみかけのはーぶてぃーを)

飲みかけのハーブティーを

(つくえじゅうにまきちらし)

机中に撒き散らし

(どうしよう)

「どうしよう…」

(とどあのむこうをみつめました)

とドアの向こうを見つめました。

(めをあわせるといしになってしまう)

「目を合わせると石になってしまう」

(それはりょうしんにきいたこと)

それは両親に聞いたこと

(わたしのめもそうなっているようで)

私の目もそうなっている様で

(ものがたりのなかなんかじゃいつも)

物語の中なんかじゃいつも

(こわがられるやくばかりで)

怖がられる役ばかりで。

(そんなことしってるわけで)

そんな事知ってる訳で。

(とんとんとひびきだした)

トントン、と響きだした

(のっくのおとははじめてで)

ノックの音は初めてで

(きんちょうなんてものじゃ)

緊張なんてものじゃ

(たりないくらいで)

足りないくらいで。

(ねぇねぇとっぴなせかいは)

ねぇねぇ、突飛な世界は

(そうぞうしてるよりも)

想像してるよりも

(じつにかんたんにどあを)

実に簡単にドアを

(あけてしまうものでした)

開けてしまうものでした。

(めをふさぎうずくまるすがたに)

目を塞ぎうずくまる姿に

(そのひとはおどろいて)

その人は驚いて

(めをみるといしになってしまう)

「目を見ると石になってしまう」

(というとただわらった)

と言うとただ笑った

(ぼくだっていしになってしまうと)

「僕だって石になってしまうと

(おびえてくらしてた)

怯えて暮らしてた

(でもせかいはさあんがいおびえなくて)

でも世界はさ、案外怯えなくて

(いいんだよ)

良いんだよ?」

(たんたんとなりひびいた)

タンタン、と鳴り響いた

(こころのおくにあふれてた)

心の奥に溢れてた

(そうぞうはせかいにすこしなりだして)

想像は世界に少し鳴り出して

(ねぇねぇとっぴなみらいを)

ねぇねぇ、突飛な未来を

(おしえてくれたあなたが)

教えてくれたあなたが

(またまよったときは)

また迷った時は

(ここでまっているから)

ここで待っているから。

(なつかぜがきょうもまた)

夏風が今日もまた

(あなたがくれたふくの)

あなたがくれた服の

(ふーどをすこしだけ)

フードを少しだけ

(ゆらしてみせた)

揺らしてみせた。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ほたるのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971