冬のペンギン KinKi Kids

投稿者@ゆうプレイ回数000
楽曲情報 冬のペンギン  KinKi Kids  作詞樋口 了一  作曲樋口 了一
難易度(2.3) 833打 歌詞 かな 長文モード可タグKinKi Kids ジャニーズ 歌詞 キンキ KinKi 堂本光一 堂本剛
※このタイピングは「冬のペンギン」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(どようびにはあめもやんで)

土曜日には 雨もやんで

(きみがすきだといった)

君が好きだと言った

(しろいいきとさむいあさのどうぶつえんにいこう)

白い息と 寒い朝の 動物園に行こう

(とおくでひびくとりのはばたき)

遠くで響く 鳥の羽ばたき

(ときをもどすよ)

時を戻すよ

(かげをおとすこだちのなか)

影を落とす 木立の中

(きみにのこすおもいは)

君に残す想いは

(だれのむねにいまいるのか)

誰の胸に 今いるのか

(しりたいわけじゃなく)

知りたいわけじゃなく

(たとえばげんきでわらえるなら)

例えば 元気で笑えるなら

(それでいいから)

それでいいから

(もうとまどうこころでいきるのは)

もう 戸惑う心で 生きるのは

(きみとわかれてからやめたけど)

きみと別れてから やめたけど

(とおくをみつめたままじっと)

遠くを見つめたまま じっと

(たちつくすぼくはいまもまるで)

立ち尽くす僕は 今も まるで

(ふゆのぺんぎんにみえるだろう)

冬のペンギンに みえるだろう

(ねむたそうにあくびをする)

眠たそうに あくびをする

(ろうふうふのしろくま)

老夫婦のシロクマ

(ながいなつをたえてふたり)

長い夏を 耐えて二人

(いまはしあわせそう)

今は幸せそう

(でもぼくはほかのだれかとより)

でも僕は ほかの誰かとより

(いまはひとりがいい)

いまは 独りがいい

(ふたりですごしたいくつかの)

二人で過ごした いくつかの

(じだいはすぎさってしまったけど)

時代は過ぎ去って しまったけど

(なにもなかったくらしのなか)

何もなかった 生活(くらし)の中

(ぼくをてらしてくれたえがおは)

僕を照らしてくれた 笑顔は

(ふゆのひだまりのようだったよ)

冬の日溜りのようだったよ

(あのころのゆめをみるときは)

あの頃の 夢を見る時は

(いつもきみはわらってぼくに)

いつもきみは 笑って 僕に

(なにかをささやくけれど)

何かを 囁くけれど

(こえがきこえない)

声が聴こえない

(もうとまどうこころでいきるのは)

もう 戸惑う心で 生きるのは

(きみとわかれてからやめたけど)

きみと別れてから やめたけど

(あたらしいみちをあるくまで)

新しい道を 歩くまで

(きみをおもいだしてるいまだけは)

きみを思い出してる 今だけは

(ふゆのぺんぎんでいさせてほしい)

冬のペンギンで いさせてほしい

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971