最後のサクラ 三代目JSB

投稿者@ゆうプレイ回数4196
楽曲情報 最後のサクラ  三代目 J SOUL BROTHERS  作詞小竹 正人  作曲林田 裕一
難易度(2.1) 854打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 三代目 最後のサクラ 歌詞打 Jsoulbrothers
※このタイピングは「最後のサクラ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ホビたんサランへ 4512 C++ 4.6 97.6% 184.8 855 21 41 2021/09/26
2 さくら 4139 C 4.2 98.2% 201.7 850 15 41 2021/09/15
3 三平 2854 E+ 2.9 96.9% 288.0 849 27 41 2021/08/22

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つよがりじゃない)

強がりじゃない

(あうまえからわかってたんだ)

会う前から わかってたんだ

(きょうでおわりと)

今日で終わりと

(どんなこいもこのこいよりつらくない)

どんな恋も この恋より ツラくない

(ってきみがいう)

って キミが言う

(うそばかりかさねたから)

嘘ばかり 重ねたから

(ぼくはきみにもう)

僕はキミに もう

(えらぶうそがのこっていないよ)

選ぶ嘘が 残っていないよ

(じぶんがやになるくらいに)

自分が嫌(や)になる くらいに

(なさけないくらいにまだきみがすきでも)

情けないくらいに まだキミが好きでも

(さいごのさくらがはらはら)

最後のサクラが ハラハラ

(ふたりをへだてるように)

ふたりを隔てるように

(ふりやまない)

降り止まない

(あえないひをかぞえるのが)

会えない日を 数えるのが

(おおくなってたあえるひよりも)

多くなってた 会える日よりも

(いいわけさえしないぼくに)

言い訳さえ しない僕に

(せなかをむけてないてたね)

背中を向けて 泣いてたね

(ふくらみはじめたみらい)

膨らみ始めた未来

(ふきとばしてただ)

吹き飛ばして ただ

(きずだらけのゆめをみせたよ)

傷だらけの 夢を見せたよ

(かなしみよりもっとかなしい)

悲しみより もっと悲しい

(きりがないこどくを)

きりがない孤独を

(しりすぎてたきみは)

知りすぎてたキミは

(さくらのあめにだまりこむ)

サクラの雨に 黙り込む

(さよならどっちがさきに)

さよなら どっちが先に

(きりだすんだろう)

切り出すんだろう

(よるのそらにひかるさくらは)

夜の空に 光るサクラは

(きれいすぎてすこしだけこわくなる)

綺麗 すぎて 少しだけ怖くなる

(きみはふいに)

キミは 不意に

(そういいながらさくらをみあげてる)

そう言いながら サクラを見上げてる

(じぶんがやになるくらいに)

自分が嫌(や)になる くらいに

(なさけないくらいに)

情けないくらいに

(まだきみがすきでも)

まだキミが好きでも

(さいごのさくらがはらはら)

最後のサクラが ハラハラ

(ふたりをへだてるようにふりやまない)

ふたりを隔てるように 降り止まない

(かなしみよりもっとかなしい)

悲しみより もっと悲しい

(きりがないこどくを)

きりがない孤独を

(しりすぎてたきみは)

知りすぎてたキミは

(さくらのあめにだまりこむ)

サクラの雨に 黙り込む

(さよならどっちがさきに)

さよなら どっちが先に

(きりだすんだろう)

切り出すんだろう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!