少女のつづき

投稿者ゆーみ。プレイ回数133
楽曲情報 少女のつづき  ポルカドットスティングレイ  作詞雫  作曲
難易度(3.5) 1076打 歌詞 長文モード可タグバンド 歌詞 ポルカドットスティングレイ
ポルカドットスティングレイの少女のつづきです。
※このタイピングは「少女のつづき」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さいごのいちげきはそっとわたしのほおをやさしくなでて)

最後の一撃はそっと私の頬を優しく撫でて

(さいごのいちげきはそっとわたしのほおをやさしくなでてひえてゆきました)

最後の一撃はそっと私の頬を優しく撫でて冷えてゆきました

(のどのおくになまりがおちてゆく)

喉の奥に鉛が落ちてゆく

(うそだといってほしい)

嘘だと言ってほしい

(わたしきょうもあしたもこどもしていたい)

私、今日も明日も子供していたい

(しだいにゆがんでいくふうけい)

次第に歪んでいく風景

(もういってちょうしんせいのようなかくごでかえたいな)

もう一手 超新星のような覚悟で変えたいな

(このかんじもなにもかも)

この感じも何もかも

(もうぜったいimfineじつはもっと)

もう絶対 I'm fine 実はもっと

(うまれかわっていくのそっと)

生まれ変わっていくの そっと

(きのうとはさよなら)

昨日とはサヨナラ

(はいふぁいきみをもっと)

ハイファイ 君をもっと

(かんがえていたかったけど)

考えていたかったけど

(わたしからそつぎょうしてあしたがやっとくる)

私から卒業して明日がやっと来る

(あわいいろしたこのけしきも)

淡い色したこの景色も

(せかいはきみでできていたことをしってしまったよ)

世界は君でできていたことを知ってしまったよ

(あさってくらいにはわすれてわらって)

あさってくらいには、忘れて笑って

(なんだっけっていっていないかな)

なんだっけ?って言っていないかな

(おりのようにみえたこうしゃのまども)

檻のように見えた校舎の窓も

(さいしょからあけっぱなしだった)

最初から開けっぱなしだった

(しんじつがみえていってさびしいよ)

真実が見えていって寂しいよ

(このままおとなになっていくのかな)

このまま大人になっていくのかな

(おねがい)

お願い

(imfineじつはもっと)

I'm fine 実はもっと

(うまれかわっていくのそっと)

生まれ変わっていくの そっと

(きのうとはさよなら)

昨日とはサヨナラ

(16じにはきっとおわるはるのじだいがきみをつれていってしまう)

16時にはきっと終わる春の時代が君を連れて行ってしまう

(わかっているけれど)

分かっているけれど

(あしたからきみはしらないかおして)

明日から君は知らない顔して

(おなじようにわらうでしょう)

同じように笑うでしょう

(やっぱりむりだな)

やっぱり無理だな

(しらないかおしてかえらないで)

知らない顔して帰らないで

(ここにきて)

ここに来て

(ちゃいむがなってしまうよ)

チャイムが鳴ってしまうよ

(おわるわたしのこいがそっと)

終わる私の恋がそっと

(きみといまさよなら)

君と今サヨナラ

(ほうかごなんてじつはだいっきらいだ)

放課後なんて実は大っ嫌いだ

(ずっときみがいないから)

ずっと君が居ないから

(さいごのいちげきはそっと)

最後の一撃はそっと

(わたしのほおをやさしくなでて)

私の頬を優しく撫でて

(のどのおくになまりがおちてゆく)

喉の奥に鉛が落ちてゆく

(うそだといってほしい)

嘘だと言ってほしい

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!