初恋 ~三章 幸せの紅葉~

投稿者鯛焼きプレイ回数54
楽曲情報 初恋~三章幸せの紅葉~  秋月 律子(CV:若林 直美)  作詞YURA  作曲高田 龍一
難易度(1.9) 651打 歌詞 かな 長文モード可タグアイドルマスター アイマス
歌:秋月律子(若林直美),高槻やよい(仁後真耶子)
※このタイピングは「初恋~三章幸せの紅葉~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わたしこいしてる)

私恋してる

(きみとてつなぎながら)

君と手繋ぎながら

(あるいてゆくきょうを)

歩いてゆく 今日を

(なつやすみおわるころやくそくした)

夏休み終わる頃約束した

(きみとはじめてのゆびきり)

君と初めてのゆびきり

(かれんだーのひづけがあかいひには)

「カレンダーの日付が赤い日には

(ふたりでどこかへでかけようって)

ふたりでどこかへ出かけよう」って

(がっこうであえても)

学校で会えても

(じゅぎょうだけじゃつまらない)

授業だけじゃつまらない

(とくべつなわたしを)

特別な私を

(もっとおしえたい)

もっと教えたい

(きょうはにちよう)

今日は日曜

(まってくこうよう)

舞ってく紅葉

(まいにちきみにあえる)

毎日君に会える

(ほおがあかくそまる)

頬が紅く染まる

(まちあわせばしょ)

待ち合わせ場所

(おもいでのわかれみち)

想い出の分かれ道

(いまわたしはしあわせ)

今私は幸せ

(あたらしいふくをきて)

新しい服を着て

(むかうわたし)

向かう私

(なんだってはじめは)

何だって初めは

(きみにみせたい)

君に見せたい

(にあうよといわれて)

「似合うよ」と言われて

(ちょっとはずかしくなって)

ちょっと恥ずかしくなって

(てをさしだしたきみ)

手を差し出した君

(ぎゅっとにぎった)

ギュッと握った

(きゅうにふくつめたいこがらし)

急に吹く冷たい木枯らし

(わたしのからだをふるわせたとき)

私の体を震わせた時

(きみはわたしをだきしめてくれた)

君は私を抱きしめてくれた

(いきなりだったけど)

いきなりだったけど

(やさしくてあたたかくて)

優しくて暖かくて

(すきとゆうおもい)

好きとゆう想い

(からだじゅうにひびいてく)

体中に響いてく

(はなさないで)

離さないで

(いまわたしきみとしあわせ)

今私君と幸せ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!