初恋 ~五章 永遠のクリスマス~

投稿者鯛焼きプレイ回数37
楽曲情報 初恋~五章永遠のクリスマス~  如月 千早(CV:今井 麻美)  作詞YURA  作曲高田 龍一
難易度(2.2) 1114打 歌詞 かな 長文モード可タグアイドルマスター アイマス
歌:如月千早(今井麻美),萩原雪歩(浅倉杏美)
※このタイピングは「初恋~五章永遠のクリスマス~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まっくらいひとりべやまどからさすひかり)

真暗い一人部屋 窓から射す光

(かーてんあけてみたら)

カーテン開けてみたら

(まぶしいぎんせかい)

眩しい銀世界

(にぎわうひとたちからこぼれてゆくえがお)

賑わう人達から 零れてゆく笑顔

(きのうのあめがうそのように)

昨日の雨が嘘の様に

(かがやくそらはれわたるむね)

輝く空 晴れ渡る胸

(きみにいまあいにいかなくちゃ)

君に今会いに行かなくちゃ

(かなしむためにこいしたんじゃない)

悲しむ為に恋したんじゃない

(わたしいまちゃんとつたえよう)

私今ちゃんと伝えよう

(こころのままありのままきみにとどけ)

心のままありのまま君に届け

(さくらがまうころにめぐりあって)

桜が舞う頃に巡り逢って

(はなびがまうときにてをつないで)

花火が舞う時に手を繋いで

(こがらしがまうひに)

木枯らしが舞う日に

(だきしめてくれた)

抱きしめてくれた

(しあわせさきほこってくよきみに)

幸せ咲き誇ってくよ・・・君に・・・

(どこにゆけばあえるの)

どこに行けば会えるの・・・

(なにもしらないけれど)

何も知らないけれど

(きづけばいつものほら)

気付けばいつものほら

(まちあわせばしょきてた)

待ち合わせ場所来てた

(おもいでのわかれみち)

思い出の分かれ道

(どのくらいまっただろう)

どの位待っただろう・・・

(ほんのちょっとうつむいたとき)

ほんのちょっと俯いた時

(とおくかすかにわたしをよぶこえ)

遠く微かに私を呼ぶ声

(いっしゅんできみだとわかった)

一瞬で君だと解った

(そのしゅんかんにはしってゆくわたし)

その瞬間に走ってゆく私

(まっすぐにそのむねにまでと)

まっすぐにその胸にまでと

(とどいたときふれたときなきだしてた)

届いた時触れた時泣き出してた・・・

(どうしたんだろう)

どうしたんだろう

(うれしいはずなのに)

嬉しいはずなのに

(こまらせちゃって)

困らせちゃって

(ごめんねでもきいて)

ごめんねでも聞いて

(もういやだよ)

もう嫌だよ・・・

(このてはなさないでね)

この手離さないでね

(わたしのそばにいてずっと)

私の傍にいてずっと

(きょうはなにかしってるよね)

「今日は何か知ってるよね?

(ぼくからのぷれぜんと)

僕からのプレゼント

(きのうはこれをとりにいって)

昨日はこれを取りに行って

(ないしょにしてごめん)

内緒にしてごめん

(だけどめりーくりすます)

だけどメリークリスマス」

(ありがとう)

ありがとう・・・

(ほんとうにありがとう)

本当にありがとう・・・

(わたしはきみがすき)

私は君が好き・・・

(いつまででも)

いつまででも・・・

(きみのぷれぜんとほどいたら)

君のプレゼント解いたら

(よりそったひとくみの)

寄り添った一組の

(いにしゃるいりのしるばーりんぐ)

イニシャル入りのシルバーリング

(さくらがまうころにめぐりあって)

桜が舞う頃に巡り逢って

(はなびがまうときにてをつないで)

花火がまう時に手を繋いで

(こがらしがまうひに)

木枯らしが舞う日に

(だきしめてくれた)

抱きしめてくれた

(ゆきがまうきせつにきすをきみと)

雪が舞う季節にキスを・・・君と・・・

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

鯛焼きのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971