ゆるる/須田景凪

背景
投稿者投稿者xasokいいね0お気に入り登録
プレイ回数412難易度(2.5) 1000打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 ゆるる  須田 景凪  作詞須田 景凪  作曲須田 景凪
須田景凪さんのゆるるです。
※このタイピングは「ゆるる」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とおいかこのようにおもえるんだ)

遠い過去のように思えるんだ

(あついくもをめにやきつけていた)

厚い雲を目に焼き付けていた

(なにもかもがきっとちかすぎていた)

何もかもがきっと近すぎていた

(いまになってうしろめたくなった)

今になって後ろめたくなった

(かぜがゆるる)

風がゆるる

(みなもはうねる)

水面はうねる

(まばたきとともにつみをさらう)

瞬きと共に罪を攫う

(ふときりさくけしきのおくはぬくもりだけ)

ふと切り裂く景色の奥は温もりだけ

(ちゃんとめをみていって)

ちゃんと目を見て言って

(きみのことばで)

君の言葉で

(さいごのまほうはにどととけないように)

最後の魔法は二度と解けないように

(あすもきみをおもいだす)

明日も君を思い出す

(こえがくちるまで)

声が朽ちるまで

(そのころにまものにでもなってたらわらえるね)

その頃に魔物にでもなってたら笑えるね

(ゆるやかにひびはやけこげていく)

緩やかに日々は焼け焦げていく

(きづかないままもゆるこころだった)

気付かないまま燃ゆる心だった

(ならばいっそてばなしてしまうか)

ならばいっそ手離してしまうか

(そんなことをかんがえてしまう)

そんなことを考えてしまう

(おろかなほどにうみはくちずさむ)

愚かな程に海は口遊む

(ひすいのそこで)

翡翠の底で

(ひのさすときをまちわびている)

陽の射す時を待ちわびている

(むねをしめるちいさなきずもあいしている)

胸を締める小さな傷も愛している

(だれかよるをさわって)

誰か夜を触って

(かぼそいいたみまで)

か細い痛みまで

(いつのひかひこうしたこえもとどきますように)

いつの日か飛行した声も届きますように

(やみはやがてともっておもいでとなる)

闇はやがて灯って思い出となる

(そのまえにただとなりでわらっていたいだけ)

その前にただ隣で笑っていたいだけ

(こころゆれるそのさまをつつみかくさずに)

心揺れるその様を包み隠さずに

(さらけだしていきていけたらしあわせだ)

曝け出して生きていけたら幸せだ

(そのためにまものでもけものにもなろう)

その為に魔物でも獣にもなろう

(くだらないはなしでもきみとつづけたいんだ)

くだらない話でも君と続けたいんだ

(ちゃんとめをみていってきみのことばで)

ちゃんと目を見て言って君の言葉で

(さいごのまほうはにどととけないように)

最後の魔法は二度と解けないように

(あすもきみをおもいだす)

明日も君を思い出す

(こえがくちるまで)

声が朽ちるまで

(そのころにまものにでもなってたら)

その頃に魔物にでもなってたら

(あるがままわたしをそのてで)

あるがまま私をその手で

(ふれておくれ)

触れておくれ

xasokのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971