不幸の始まり

投稿者ジュウニッシープレイ回数23お気に入り1
楽曲情報 不幸の始まり  東宝ミュージカル  作詞ミヒャエル・クンツェ  作曲シルヴェスター・リーヴァイ
難易度(2.8) 621打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ミュージカル 東宝 エリザベート 東宝ミュージカル
ミュージカル【エリザベート】の劇中歌、不幸の始まりです。
※このタイピングは「不幸の始まり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せんはっぴゃくごじゅうよねんしがつにじゅうよっかごごろくじはん うぃーんあうぐすてぃんきょうかい)

1854年4月24日 午後6時半 ウィーン・アウグスティン教会

(たそがれどきのけっこんしき だがこのかっぷるにはぴったりだ)

黄昏時の結婚式 だがこのカップルにはピッタリだ

(かれらをまっていたのはきゃくだけじゃない)

彼らを待っていたのは客だけじゃない

(そうもうひとりのていおうもきている)

そう もうひとりの帝王も来ている

(すべてのふこうをここにはじめよう)

全ての不幸をここに始めよう

(すべてのふこうはここにはじまるのだ)

全ての不幸はここに始まるのだ

(はぷすぶるくのえいこうのしゅうえん)

ハプスブルクの栄光の終焉

(はぷすぶるくのえいこうがおわる)

ハプスブルクの栄光が終わる

(だれひとりしらぬていこくのめつぼう)

誰一人知らぬ帝国の滅亡

(だれひとりしらぬていこくのめつぼう)

誰一人知らぬ帝国の滅亡

(すこしずつおしえようわざわいのみなもと)

少しずつ教えよう災いの源

(すこしずつしるだろうわざわいのみなもと)

少しずつ知るだろう災いの源

(ふこうのにおいをひとはかぎわける)

不幸の匂いを人は嗅ぎ分ける

(ふこうのにおいがひそかにちかづく)

不幸の匂いが密かに近づく

(さいはなげられたおまえのあやまち)

賽は投げられた お前の過ち

(さいはなげられたおまえのあやまち)

賽は投げられた お前の過ち

(えりざべーと)

エリザベート

(えりざべーと)

エリザベート

(すべてなんじのいしであることに まちがいはないか)

全て汝の意志であることに 間違いはないか

(はい)

はい

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。