なないろ - BUMP OF CHICKEN

投稿者成瀬プレイ回数1890順位970位
楽曲情報 なないろ  BUMP OF CHICKEN  作詞藤原 基央  作曲藤原 基央
難易度(3.5) 1385打 歌詞 かな 長文モード可タグBUMP OF CHICKEN バンプ 朝ドラ ドラマ バンド
連続テレビ小説『おかえりモネ』主題歌

▼公式MV
BUMP OF CHICKEN「なないろ」
https://www.youtube.com/watch?v=ZvFs03X944E
※このタイピングは「なないろ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 7217 7.5 95.9% 184.0 1386 58 32 2021/07/14
2 シルバーブレット 6969 S++ 7.0 98.5% 194.7 1377 20 32 2021/07/18
3 鈴木です 6482 S 6.9 94.0% 199.6 1381 87 32 2021/06/08
4 りんP 6265 S 6.5 95.8% 211.8 1387 60 32 2021/08/04
5 bbb 6219 A++ 6.3 97.7% 216.4 1378 32 32 2021/07/23

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(やみくもにでもしんじたよきちんとまえにすすんでいるって)

闇雲にでも信じたよ きちんと前に進んでいるって

(よくはれたあさにはときどきひとりぼっちにされちゃうから)

よく晴れた朝には時々 一人ぼっちにされちゃうから

(やじろべえみたいなただしさだ)

ヤジロベエみたいな正しさだ

(いまこのけしきのすべてがわらってくれるわけじゃないけど)

今この景色の全てが 笑ってくれるわけじゃないけど

(それでもいいこれはぼくのたび)

それでもいい これは僕の旅

(ゆうべのあめのことなんかおぼえていないようなおひさまを)

昨夜の雨の事なんか 覚えていないようなお日様を

(ゆうべできたみずたまりがうつしてきらきらきらきら)

昨夜出来た水たまりが 映して キラキラ キラキラ

(いきをしている)

息をしている

(たかくとおくひろすぎるそらのしたおはようぼくはきのうからやってきたよ)

高く遠く広すぎる空の下 おはよう 僕は昨日からやってきたよ

(なくせないきおくはかさのようにかばんのなかででばんをまつ)

失くせない記憶は傘のように 鞄の中で出番を待つ

(てさぐりできょうをあるくきょうのぼくがあのひみたにじをさがすこのみちを)

手探りで今日を歩く今日の僕が あの日見た虹を探すこの道を

(うたがってしまうときはおしえるよ)

疑ってしまう時は 教えるよ

(あのときのこころのいろ)

あの時の心の色

(むねのおくきみがいるばしょここでしかあえないひとみ)

胸の奥 君がいる場所 ここでしか会えない瞳

(ずっとかわらないままだからほっとしたりたまにめをそらしたり)

ずっと変わらないままだから ほっとしたり たまに目を逸らしたり

(おもいだすとさびしいけどおもいだせないとさびしいこと)

思い出すと寂しいけど 思い出せないと寂しい事

(わすれないことしかできないよるをこえてつづくぼくのたび)

忘れない事しか出来ない 夜を越えて 続く僕の旅

(なおらないふるいきずはなかったかのようにかくすおひさまが)

治らない古い傷は 無かったかのように隠す お日様が

(ひるまのほしとおなじだねほんとうはきらきらきらきら)

昼間の星と同じだね 本当は キラキラ キラキラ

(このまちじゅうに)

この街中に

(はみがきしてかおあらってきがえたらいつもとおなじあしででかけようぜ)

歯磨きして顔洗って着替えたら いつもと同じ足で出かけようぜ

(あいかわらずのねこぜでもいいよぼくがぼくをわらえるから)

相変わらずの猫背でもいいよ 僕が僕を笑えるから

(なみだのすなちらばるぎんがのなかつかれたくつでどこまでだっていける)

涙の砂 散らばる銀河の中 疲れた靴でどこまでだっていける

(つまずいてころんだときはおしえるよ)

躓いて転んだ時は 教えるよ

(おきかたをしっていること)

起き方を知っている事

(かわいてきえるみずたまりがそれでもきらきらきらきら)

乾いて消える水たまりが それでも キラキラ キラキラ

(あおくゆれる)

青く揺れる

(たかくとおくひろすぎるそらのしたおはようぼくはきのうからやってきたよ)

高く遠く広すぎる空の下 おはよう 僕は昨日からやってきたよ

(なくせないきおくもかさのようにかばんのなかであしたへむかう)

失くせない記憶も傘のように 鞄の中で明日へ向かう

(てさぐりできょうをあるくきょうのぼくがあのひみたにじをさがすきょうのぼくを)

手探りで今日を歩く今日の僕が あの日見た虹を探す今日の僕を

(うたがってしまうときはおしえるよあのときのこころのいろ)

疑ってしまう時は 教えるよ あの時の心の色

(いつかまたあうよもどれないあのひのなないろ)

いつか また会うよ 戻れないあの日の 七色

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。