東京流星群 / SUPER BEAVER

投稿者satoshiプレイ回数79
楽曲情報 東京流星群  SUPER BEAVER  作詞渋谷 龍太  作曲柳沢 亮太
難易度(3.4) 1044打 歌詞 かな 長文モード可タグSUPER BEAVER スーパービーバー バンド 歌詞
superbeaverの東京流星群
※このタイピングは「東京流星群」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 papa 8215 8.3 98.7% 125.5 1044 13 25 2021/09/03
2 koko 2068 F+ 2.2 93.4% 470.0 1045 73 25 2021/09/27

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくがいのりをささげてるのはたぶんかみさまじゃない)

僕が祈りを捧げてるのは多分神様じゃない

(ぼくがねがいをこめるのはいつもほしではない)

僕が願いを込めるのはいつも星ではない

(ぼくにとってのふるさとはだれかのあこがれ)

僕にとっての故郷は誰かの憧れ

(だれかはなでわらったのがぼくのたからだ)

誰か鼻で笑ったのが僕の宝だ

(ひとにはひとのなやみがあっておなじわけがない)

人には人の悩みがあって同じわけがない

(ひとにはひとのせいぎがあってそれのてきもいる)

人には人の正義があってそれの敵もいる

(ぼくにとってのくるしみとだれかのよろこび)

僕にとっての苦しみと誰かの歓び

(ないものねだってほしがってでもきみをみつけたり)

無いものねだって欲しがってでも君を見つけたり

(ねむらないまちのかたすみでぼくがねむりについたよる)

眠らない街の片隅で僕が眠りについた夜

(あかりのきえたそらにはほしがながれたらしい)

明かりの消えた空には星が流れたらしい

(とうきょうりゅうせいぐんみあげることもしないで)

東京流星群 見上げることもしないで

(とうきょうりゅうせいぐんひかりがないといってないで)

東京流星群 光が無いと言ってないで

(とうきょうりゅうせいぐんおなじそらにいきてるなら)

東京流星群 同じ空に生きてるなら

(かがやきはいつでもどこにいてもかわりはしないだろう)

輝きはいつでも何処にいても変わりはしないだろう

(さよならはこのまちにもやさしさはこのまちにも)

さよならはこの街にも優しさはこの街にも

(いとしさはどこにいてもあいしてるよあいしてるよ)

愛しさは何処にいても愛してるよ愛してるよ

(ねむれないよるのうらがわにぼくをまっているあさがあって)

眠れない夜の裏側に僕を待っている朝があって

(ねむらないまちのかたすみでそのひをしんじてる)

眠らない街の片隅でその日を信じてる

(とうきょうりゅうせいぐんみあげたさきがとおくても)

東京流星群 見上げた先が遠くても

(とうきょうりゅうせいぐんそこにひかりがあるんだろう)

東京流星群 そこに光があるんだろう

(とうきょうりゅうせいぐんとうきょうりゅうせいぐん)

東京流星群 東京流星群

(ざせつときぼういりみだれるこのひびからてをのばして)

挫折と希望入り乱れるこの日々から手を伸ばして

(とうきょうりゅうせいぐんいのるまえにめをひらいて)

東京流星群 祈る前に目を開いて

(とうきょうりゅうせいぐんねがいはあいすべきひとへ)

東京流星群 願いは愛すべき人へ

(ねむらないまちでみたゆめをこのまちのなかでかがやかせて)

眠らない街で見た夢をこの街の中で輝かせて

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!