もうひとりの私

投稿者ideal_pezellプレイ回数40
楽曲情報 もうひとりの私  やまとなでしこ  作詞只野 菜摘  作曲太田 美知彦
やまとなでしこ「もうひとりの私」
「もうひとりの私」は、声優ユニット、やまとなでしこの1作目のシングル。2000年4月26日にスターチャイルドから発売された。(Wikipedia原文ママ)
※このタイピングは「もうひとりの私」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみにもたぶんなきたいひがあるでしょう)

きみにも多分 泣きたい日があるでしょう

(しんじるものにためされるひがある)

信じるものに 試される日がある

(もうできないとたちすくんだこころに)

モウデキナイと 立ちすくんだ心に

(げんきだしてという、もうひとりのわたし)

ゲンキダシテと言う、もうひとりの私

(ひとごみのなかまいごになりたかった)

人ごみのなか 迷子になりたかった

(せいぎょできないきもちにだれもぶつからないで)

制御できない気持ちに 誰もぶつからないで

(はんせいしてもこうかいはしたくない)

反省しても後悔はしたくない

(おれそうになることをしってても)

折れそうになることを知ってても

(しずむたいようながくなるかげあこがれをおいかけていた)

沈む太陽 長くなる影 憧れを追いかけていた

(まなつのようにまぶしいひかりだった)

真夏のように 眩しい光だった

(とてもきれいでこわれそうにみえた)

とても綺麗で 壊れそうに見えた

(まけずぎらいをはげましてくれるため)

負けず嫌いを 励ましてくれるため

(いじわるさえもいう、もうひとりのわたし)

イジワルさえも言う、もうひとりの私

(たいせつなときさまよってみたくなる)

大切なとき 彷徨ってみたくなる

(あいしていてもことばはまだすなおになれない)

愛していても言葉は まだ素直になれない

(がらすのむこうふりむいたそのひとの)

ガラスの向こう 振りむいたその人の

(あおざめためはわたしににていた)

蒼ざめた眼は 私に似ていた

(かいてんどあがまわるかずだけぐうぜんとうんめいがある)

回転ドアがまわる数だけ 偶然と運命がある

(こどものようにまぶしいひとみだった)

子供のように 眩しい瞳だった

(すごくきれいでこわれそうにみえた)

すごく綺麗で 壊れそうに見えた

(あたらしいものたくさんかんじるため)

アタラシイモノ たくさん感じるため

(わたしのことをうらぎるわたしでいたい)

私のことを 裏切る私でいたい

(きみにもたぶんなきたいひがあるでしょう)

きみにも多分 泣きたい日があるでしょう

(しんじるものにためされるひがある)

信じるものに 試される日がある

(もうできないとたちすくんだこころに)

モウデキナイと 立ちすくんだ心に

(げんきだしてという、もうひとりのわたし)

ゲンキダシテと 言う、もうひとりの私

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!