たゆたえ、七色

投稿者プレイ回数132
楽曲情報 たゆたえ、七色  ARCANA PROJECT  作詞田淵智也  作曲草野華余子
「白い砂のアクアトープ」OP
歌詞
※このタイピングは「たゆたえ、七色」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 るるるん 5529 A 5.7 95.6% 183.2 1061 48 32 2021/10/27
2 ことね 5412 B++ 5.7 94.1% 185.5 1070 66 32 2021/11/05
3 ローララメール 4374 C+ 4.7 93.0% 225.4 1065 79 32 2021/10/18
4 むすか 3507 D+ 4.1 86.6% 264.0 1094 168 32 2021/11/26

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すなはまにゆびでかくたいせつなばしょ)

砂浜に指で描く 大切な場所

(よせるさざなみがしみこんだ)

寄せるさざ波が染み込んだ

(つまさきはぬれたままつぎのきせつへいく)

つま先は濡れたまま 次の季節へ行く

(とけいのはやさにきづきたくない)

時計の速さに気づきたくない

(もどかしかったよなきそうだよ)

もどかしかったよ 泣きそうだよ

(それだってかがやいていいはずだ)

それだって輝いていいはずだ

(ああたゆたえほらなないろ)

ああ たゆたえ ほら七色

(ぼくらをかいがんせんにうつして)

僕らを海岸線に映して

(うかびあがるけしきをもういちどゆめとなづけようか)

浮かび上がる景色をもう一度夢と名付けようか

(そうかこやいまはいきてくこたえにしなくてもいい)

そう 過去や今は 生きてく答えにしなくてもいい

(みちのどこかこころのどこかみつけたものみらいにもっていこう)

道のどこか 心のどこか 見つけたもの未来に持っていこう

(ついおくによりそってちゃさきはみえない)

追憶に寄り添ってちゃ先は見えない

(しかいはいつだってきりかえられる)

視界はいつだって切り替えられる

(ぱのらまはちゃんとあるれきしのかずだけ)

パノラマはちゃんとある 歴史の数だけ

(じゃあなんでみようとしないんだきみにといかける)

じゃあなんで見ようとしないんだ 君に問いかける

(こどくになったってなないろ)

孤独になったって七色

(いばしょはぜったいにあるでしょ)

居場所は絶対にあるでしょ

(つかまなくちゃいけないだからちょっとだけがんばってみてよ)

掴まなくちゃいけない だからちょっとだけがんばってみてよ

(そうきみもぼくらもあのひともわらっていられるように)

そう君も僕らもあの人も 笑っていられるように

(ねがいごとやえがいたちずはなくさぬようにむねのなかで)

願い事や 描いた地図は 無くさぬように胸の中で

(さざなみはきおくをたださらったんじゃない)

さざ波は記憶を ただ攫ったんじゃない

(きざみこんだんだよそのこころにそしてうみにとけて)

刻み込んだんだよその心に そして海に溶けて…

(おいてかなきゃいけないもの)

置いてかなきゃいけないもの

(なくしちゃいけないものも)

失くしちゃいけないものも

(すなのなかかがやいて)

砂の中 輝いて

(ああたゆたえほらなないろ)

ああ たゆたえ ほら七色

(ぼくらをかいがんせんにうつして)

僕らを海岸線に映して

(うかびあがるけしきをもういちどゆめとなづけようか)

浮かび上がる景色をもう一度夢と名付けようか

(そうかこやいまはいきてくこたえにしなくてもいい)

そう 過去や今は 生きてく答えにしなくてもいい

(みちはつづくこころはつづく)

道は続く 心は続く

(みつけたものそしてこれまでのたいせつもみらいにもっていこう)

見つけたものそしてこれまでの大切も未来に持っていこう

(うみにとけたぼくらのいのちのおと)

海に溶けた僕らの、命の音。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

あのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971