Plastic Smile

投稿者プレイ回数55
楽曲情報 PLASTIC SMILE  石原夏織  作詞磯谷佳江  作曲三好啓太
「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」ED
歌詞
※このタイピングは「PLASTIC SMILE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なにげないふりしてわらいながら)

何気ないフリして笑いながら

(ほんとうはねえすごくとまどってる)

ほんとうは ねえ すごく戸惑ってる

(ありのままのじぶんのままで)

ありのままの自分のままで

(いいなんておもえずいたから)

いいなんて思えずいたから

(おくびょうにとじてたこころのとびらいま)

臆病に閉じてた ココロの扉 今

(そっとひらいてやさしさのりゆうを)

そっとひらいて 優しさの理由を

(さぐってみたくなる)

探ってみたくなる

(きみにであってはじめてしったきもち)

キミに出会って 初めて知った気持ち

(いまはまだうまくいえないけど)

今はまだうまく言えないけど

(きずついていることにさえきづけずにいた)

傷ついていることにさえ気づけずにいた

(じぶんでもすこしずつかわってゆけるかなah)

自分でもすこしずつ 変わってゆけるかな Ah

(きたいしておちこむくらいならば)

期待して落ちこむくらいならば

(えがおでやりすごせばいいやって)

笑顔でやり過ごせばいいやって

(いつからだろういっぽひくくせ)

いつからだろう 一歩引くクセ

(みにつけてなれてしまってた)

身に付けて 慣れてしまってた

(いとしさにゆらめくこころのざわめきが)

いとしさに揺らめく ココロのざわめきが

(ただしさよりもだいじにしたいこと)

正しさよりも 大事にしたいコト

(おしえてくれるから)

教えてくれるから

(きみにであってありふれたとくべつを)

キミに出会って ありふれた特別を

(ひとつずつかさねてゆくたび)

ひとつずつ重ねてゆくたび

(ものくろだったせかいにいろがさしてゆく)

モノクロだった世界に色が差してゆく

(ぶきようなじぶんでもかわってゆけそうで)

不器用な自分でも 変わってゆけそうで

(くりあすぎるそらはどこかげんじつみがなくて)

クリアすぎる空はどこか現実味がなくて

(まいごのくもみたいにふわふわとただよってた)

迷子の雲みたいにフワフワと漂ってた

(こたえはいまもまだわからないままだけれど)

答えは今もまだ わからないままだけれど

(ひかりがさすほうへ)

光が射すほうへ

(きみにであってはじめてしったんだよ)

キミに出会って 初めて知ったんだよ

(まっすぐであたたかなひかり)

まっすぐであたたかな光

(どんなかこにもいみはあるむだじゃないって)

どんな過去にも意味はある 無駄じゃないって

(おもいたくてしんじたくててをのばしてみるよ)

思いたくて 信じたくて 手を伸ばしてみるよ

(きみにであってありふれたとくべつを)

キミに出会って ありふれた特別を

(ひとつずつかさねあえたきせきは)

ひとつずつ重ねあえたキセキは

(こんなにひろいせかいのどこにいてもずっと)

こんなに広い世界のどこにいてもずっと

(かわらないぬくもりでつつんでくれるからさあ)

変わらないぬくもりで包んでくれるから…さあ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

あのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971