老人と海 - ヨルシカ

投稿者成瀬プレイ回数550
楽曲情報 老人と海  ヨルシカ  作詞n-buna  作曲n-buna
難易度(2.7) 989打 歌詞 かな 長文モード可タグナブナ ヘミングウェイ 音楽 歌詞
STAFF START CMソング

▼ヨルシカのタイピング
「又三郎」:https://typing.twi1.me/game/151715
「春泥棒」:https://typing.twi1.me/game/134628
「風を食む」:https://typing.twi1.me/game/125637
「盗作」:https://typing.twi1.me/game/117105
※このタイピングは「老人と海」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 roi 7193 7.3 98.5% 135.4 989 15 34 2021/10/07
2 命条波須多 7102 7.3 96.7% 134.6 989 33 34 2021/09/04
3 みつけん 6695 S+ 7.1 93.4% 137.4 989 69 34 2021/08/26
4 ru-ma^-^ 6215 A++ 6.5 95.2% 151.4 990 49 34 2021/08/22
5 るの 5668 A 5.8 97.6% 170.6 991 24 34 2021/09/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くつひもがほどけてるこもれびはあしをなむ)

靴紐が解けてる 木漏れ日は足を舐む

(いきをすうおとだけきこえてる)

息を吸う音だけ聞こえてる

(あなたはいまたちあがるふるびたいすのうえから)

貴方は今立ち上がる 古びた椅子の上から

(やわらかいあさのにおいがする)

柔らかい麻の匂いがする

(はるかとおくへまだとおくへ)

遥か遠くへ まだ遠くへ

(ぼくらはからだもぬぎさって)

僕らは身体も脱ぎ去って

(まだとおくへくももこえてまだむこうへ)

まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ

(かぜにのってぼくのそうぞうりょくというじゅうりょくのむこうへ)

風に乗って 僕の想像力という重力の向こうへ

(まだとおくへまだとおくへ)

まだ遠くへ まだ遠くへ

(うみのほうへ)

海の方へ

(くつひもがほどけてるへびみたいにはねあそぶ)

靴紐が解けてる 蛇みたいに跳ね遊ぶ

(あなたのくつがきになる)

貴方の靴が気になる

(ぼくらはいまあるきだすしおかぜははだをなむ)

僕らは今歩き出す 潮風は肌を舐む

(てをひかれるままのみち)

手を引かれるままの道

(さぁまだとおくへまだとおくへ)

さぁまだ遠くへ まだ遠くへ

(ぼくらはただのかぜになって)

僕らはただの風になって

(まだとおくへくももこえてまだむこうへ)

まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ

(かぜにのってぼくらそうぞうりょくというしばりをぬけだして)

風に乗って 僕ら想像力という縛りを抜け出して

(まだとおくへまだとおくへ)

まだ遠くへ まだ遠くへ

(うみのほうへ)

海の方へ

(くつひもがほどけてるぼくはついにしゃがみこむ)

靴紐が解けてる 僕はついにしゃがみ込む

(とりのなくこえだけきこえてる)

鳥の鳴く声だけ聞こえてる

(かたをそっとたたかれてようやくぼくはきがつく)

肩をそっと叩かれてようやく僕は気が付く

(うみがもうめのさきにある)

海がもう目の先にある

(あぁまだとおくへまだとおくへ)

あぁまだ遠くへ まだ遠くへ

(ぼくらはこころだけになって)

僕らは心だけになって

(まだとおくへうみもこえてまだむこうへ)

まだ遠くへ 海も越えてまだ向こうへ

(かぜにのってぼくのそうぞうりょくというじゅうりょくのむこうへ)

風に乗って 僕の想像力という重力の向こうへ

(まだとおくへまだとおくへ)

まだ遠くへ まだ遠くへ

(うみのほうへ)

海の方へ

(ぼくらはいまくつをぬぐさざなみはあしをなむ)

僕らは今靴を脱ぐ さざなみは足を舐む

(あなたのめはとおくをみる)

貴方の眼は遠くを見る

(らいおんがたわむれるあふりかのすなはまは)

ライオンが戯れるアフリカの砂浜は

(うみのずっとむこうにある)

海のずっと向こうにある

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!