ZIGGY Guilty Vanity

投稿者hanolプレイ回数59
楽曲情報 GUILTY VANITY  ZIGGY  作詞森重 樹一  作曲戸城 憲夫
難易度(3.2) 1176打 歌詞 かな 長文モード可タグZIGGY 森重樹一 歌詞 音楽 戸城憲夫
9thAlbum「CRAWL」1曲目
1997年 13thシングル
次2・Love me madly, Break me softly

c/w・Teenage Dreamに祝福あれ
https://typing.twi1.me/game/176383
※このタイピングは「GUILTY VANITY」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だれかにまさるためにひがしへにしへとはしる)

誰かに勝る為に東へ西へと走る

(せまいこころをこーとでかくして)

狭い心をコートで隠して

(はじをかかないためにいつもなにかにおわれている)

恥をかかない為にいつも何かに追われている

(よわみをにぎられないように)

弱みを握られないように

(なじりあえたならまだたいしょのしようもある)

詰(なじ)り合えたならまだ 対処のしようもある

(ののしりあえたらあのひともみすててくれるさ)

罵り合えたら あの神(ひと)も見棄ててくれるさ

(うつくしすぎるだらくのかんびなささやきに)

美し過ぎる堕落の甘美な囁きに

(つみぶかきむねをながれるちがさわいでる)

罪深き胸を流れる血が騒いでる

(ぜらにうむのはなびらのてざわりになれてく)

ゼラニウムの花びらの 手触りに慣れてく

(ぼくたちはこうはいにながされてゆく)

僕達は荒廃に流されてゆく

(いまにもとけだしてしまうとどまることはもうできない)

今にも溶け出してしまう とどまることはもうできない

(うしろをふりむくたびもうもどれないんだとじぶんじしんにむちをいれる)

後を振り向く度 もう戻れないんだと自分自身に鞭を入れる

(たんじゅんにわりきれるこたえをほしがっている)

単純に割り切れる答を欲しがっている

(しろくろはっきりつけようぜ)

白黒はっきりつけようぜ

(ゆるしあえたならまだあきらめもつくんだろう)

許し合えたならまだ 諦めもつくんだろう

(だきあえたのならあのひともみすててくれるさ)

抱き合えたのなら あの神も見棄ててくれるさ

(なやましすぎるこどくのゆうびなためいきに)

悩まし過ぎる孤独の優美な溜息に

(つみぶかきむねもわずかなまよいおぼえる)

罪深き胸もわずかな迷い覚える

(いくせんまんのひげきのてざわりになれてく)

幾千万の悲劇の手触りに慣れてく

(ぼくたちはしゅうまつにながされてゆく)

僕達は終末に流されてゆく

(いまにもとけだしてしまうとどまることはもうできない)

今にも溶け出してしまう とどまることはもうできない

(さっさとこのひろいそらをまっかにそめて)

さっさとこの広い空を真赤に染めて

(まんまとぶあいそうなよるでもからかって)

まんまと無愛想な夜でもからかって

(そうさふらちなことのなりゆきやらをたたえたい)

そうさ不埒な事の成り行きやらを讃えたい

(うつくしすぎるだらくのかんびなささやきに)

美し過ぎる堕落の甘美な囁きに

(つみぶかきむねをながれるちがさわいでる)

罪深き胸を流れる血が騒いでる

(なやましすぎるこどくのゆうびなためいきに)

悩まし過ぎる孤独の優美な溜息に

(つみぶかきむねもわずかなまよいおぼえる)

罪深き胸もわずかな迷い覚える

(いくせんまんのひげきのてざわりになれてく)

幾千万の悲劇の手触りに慣れてく

(ぼくたちはしゅうまつにながされてゆく)

僕達は終末に流されてゆく

(いまにもとけだしてしまうとどまることはもうできない)

今にも溶け出してしまう とどまることはもうできない

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

hanolのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971