製作者の夢の話7

投稿者天狐プレイ回数46
難易度(4.3) 1005打 長文
登校
下校もあれば登校もあると。

鳥のイメージは某アプリのキャラクターにそっくりでした。(というかほぼ同じでした)
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 なんだかな 4861 B 5.1 95.1% 195.2 1000 51 26 2021/09/15

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめのなかにはいると、)

夢の中に入ると、

(ちょうどめがさめたせいさくしゃがいました。)

ちょうど目が覚めた製作者がいました。

(そして、いろいろとがっこうへゆくじゅんびをしていました。)

そして、色々と学校へ行く準備をしていました。

(そしてじゅんびがととのい、いざとびらをあけようとしたとき、)

そして準備が整い、いざ扉を開けようとしたとき、

(かいだんのうえのほうからこえがします。)

階段の上のほうから声がします。

(「2ねんaぐみのやつにでんごんしといてー!」)

「2年A組のやつに伝言しといてー!」

(「これってどうやるのー?」)

「これってどうやるのー?」

(「これやってー!」)

「これやってー!」

(せいさくしゃはいろいろとそのふえたたすくをこなしていきます。)

製作者は色々とその増えたタスクをこなしていきます。

(そうすると、)

そうすると、

(もうがんばってとうこうしないとちこくしてしまうじかんになってしまいました。)

もう頑張って登校しないと遅刻してしまう時間になってしまいました。

(はやくいかないと!とおもって)

早くいかないと!と思って

(いきおいよくとびらをあけてめのまえにあったいしだんをくだっていきます。)

勢いよく扉を開けて目の前にあった石段を下っていきます。

(そしてここちよくはしっていると、)

そして心地よく走っていると、

(きゅうにとりになったようなきがします。)

急に鳥になったような気がします。

(きづいたらそらをとんでいました。)

気づいたら空を飛んでいました。

(がいかんからみるとかんぺきにめちゃくちゃおおきいとりなんですけども、)

外観から見ると完璧にめちゃくちゃ大きい鳥なんですけども、

(じぶんのかんかくとしてはひとがおおきくてをひろげてとんでいるようなかんじです。)

自分の感覚としては人が大きく手を広げて飛んでいるような感じです。

(そしてせいさくしゃがとうじとおっていたしょうがっこうのまえに)

そして製作者が当時通っていた小学校の前に

(おりたちます。)

降り立ちます。

など

(そうするとこうもんのまえにだれかがたっていました。)

そうすると校門の前に誰かが立っていました。

(おとなにもみえるような、でもこどもにもみえるようなひとです。)

大人にも見えるような、でも子供にも見えるような人です。

(すくなくともせいさくしゃがしっているひとではありませんでした。)

少なくとも製作者が知っている人ではありませんでした。

(そのこうもんにたっているひとがてをふっています。)

その校門に立っている人が手を振っています。

(せいさくしゃもてをふりかえしたとき、)

制作者も手を振り返した時、

(せいさくしゃのめがさめました。)

製作者の目が覚めました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!