再教育

投稿者天狐プレイ回数14
楽曲情報 再教育  Neru feat.鏡音リン、鏡音レン  作詞NERU  作曲NERU
難易度(3.8) 1210打 歌詞 長文モード可
懐かしのボーカロイドシリーズ
これも中学生の頃よく聞いてましたねえ
※このタイピングは「再教育」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こくどうぞいにたいじするぼくたちのとじたみらい)

国道沿いに対峙する 僕達の閉じた未来

(おくじょうかいでめをつぶりじゅうりょくばにさからう)

屋上階で目を瞑り 重力場に逆らう

(どうとくなんてしんじまえかんこーらげりとばした)

道徳なんて死んじまえ 缶コーラ蹴り飛ばした

(せいしゅんなんてこんなものこのせりふなんどめだ)

青春なんてこんなもの このセリフ何度目だ

(いきいそいでいたかのじょはきのうこうがいのそうこで)

生き急いでいた彼女は 昨日郊外の倉庫で

(いびつなかおをしてびにーるてーぷをくびにまいた)

歪な顔をして ビニールテープを 首に巻いた

(わがままのないふでゆめをおどすぼくらのあしたがなきさけんだ)

我儘のナイフで夢を脅す 僕らの明日が泣き叫んだ

(「たすけてくれ」のこえをこどくのたてでふさいだ)

「助けてくれ」の声を   孤独の盾で塞いだ

(へりくつのせいぎでゆめをころすぼくらのあしたがちをながした)

屁理屈の正義で夢を殺す 僕らの明日が血を流した

(しょうもないとひをつけてつまれたおもいでもやした)

しょうもないと火を付けて   積まれた思い出燃やした

(そうだったこうじょうしんのないひびはなにもむかしからじゃない)

そうだった 向上心のない日々は 何も昔からじゃない

(ようしょうねんのぼくたちにゆびさしてわらわれた)

幼少年の僕達に 指差して笑われた

(ごみためみたいなぱちんこうちつづけてるかれにも)

ゴミ溜めみたいなパチンコ 打ち続けてる彼にも

(そのむかしあいすべきむすめとつまがいたのでした)

その昔 愛すべき 娘と妻が 居たのでした

(わがままのないふでゆめをおどすぼくらのあしたがなきさけんだ)

我儘のナイフで夢を脅す 僕らの明日が泣き叫んだ

(「たすけてくれ」のこえをこどくのたてでふさいだ)

「助けてくれ」の声を   孤独の盾で塞いだ

(へりくつのせいぎでゆめをころすぼくらのあしたがちをながした)

屁理屈の正義で夢を殺す 僕らの明日が血を流した

(しょうもないとひをつけてつまれたおもいでもやした)

しょうもないと火を付けて 積まれた思い出燃やした

(なおりゃしないさいはてのろんりー)

治りゃしない 最果てのロンリー

(ぼくらいがいかいかぶるりんり)

僕ら以外 買い被る倫理

(みいだせないこうふくのほんし)

見い出せない 幸福の本旨

(おしえてくださいおしえてちょうだい)

教えてください   教えてちょうだい

(こんなせかいねがえりゃばいばい)

こんな世界 願えりゃバイバイ

(にげだしたいこえだけがはいふぁい)

逃げ出したい声だけがハイファイ

(いうこときかないやつはせんせいに)

言うこと聞かない奴は先生に

(いいつけるぞ)

言い付けるぞ

(わがままのないふでゆめをおどすぼくらのあしたがなきさけんだ)

我儘のナイフで夢を脅す 僕らの明日が泣き叫んだ

(「たすけてくれ」のこえをこどくのたてでふさいだ)

「助けてくれ」の声を   孤独の盾で塞いだ

(へりくつのせいぎでゆめをころすぼくらのあしたがちをながした)

屁理屈の正義で夢を殺す 僕らの明日が血を流した

(しょうもないとひをつけてつまれたおもいでもやした)

しょうもないと火を付けて   積まれた思い出燃やした

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!