太陽が燃えている

投稿者morokosiプレイ回数392
楽曲情報 太陽が燃えている  THE YELLOW MONKEY  作詞吉井 和哉  作曲吉井 和哉
難易度(3.1) 1057打 歌詞 かな 長文モード可タグイエモン 長文 歌詞 j-pop 懐メロ
※このタイピングは「太陽が燃えている」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ZOCmif 6286 S 6.3 98.9% 165.6 1052 11 29 2021/11/01
2 b 5481 B++ 5.6 97.0% 185.9 1051 32 29 2021/10/30
3 まちゅ 5219 B+ 5.5 95.1% 191.6 1054 54 29 2021/10/19
4 ままままんままん 4372 C+ 4.4 97.8% 236.5 1057 23 29 2021/10/19
5 はむち 4267 C+ 4.4 96.5% 238.8 1057 38 29 2021/10/21

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かなしみのあめがやみきぼうのそらのしたで)

悲しみの雨がやみ 希望の空の下で

(こどくのふくできかざったきみのてをつよくつかんで)

孤独の服で着飾った 君の手を強くつかんで

(あざやかなこいをしてささやかなゆめをみて)

あざやかな恋をして ささやかな夢を見て

(ぷれぜんとのりぼんのように)

プレゼントのリボンのように

(ときめくきみとむすばれたい)

ときめく君と結ばれたい

(むねのまんなかをしげきする)

胸の真ん中を刺激する

(あついおもいにつつまれて)

熱い想いに包まれて

(くちづけすればくらいよぞらにあさひがのぼるだろう)

くちづけすれば 暗い夜空に朝日がのぼるだろう

(さくらまいちるはるもひまわりたえるなつも)

桜舞い散る春も ひまわり耐える夏も

(こすもすがこいするあきもふりーじあのねむるふゆも)

コスモスが恋する秋も フリージアの眠る冬も

(あぁまいにちきみをかんじているしんじつのあいにうえている)

あぁ毎日君を感じている 真実の愛に飢えている

(じかんをみつめさけんでいたせかいのはてにはなたばを)

時間を見つめ叫んでいた 世界の果てに花束を

(むねのまんなかをしげきするあまいかおりにつつまれて)

胸の真ん中を刺激する 甘い香りに包まれて

(さあおどるのさきずもなみだもいまはすててしまおう)

さあ踊るのさ キズも涙も今は捨ててしまおう

(たいようがもえているぎらぎらともえている)

太陽が燃えている ギラギラと燃えている

(ふたりがあいしあうためにほかになにもいらないだろう)

二人が愛し合うために 他に何もいらないだろう

(そのくちびるぼくのためにこのあいをきみのために)

そのくちびる僕のために この愛を君のために

(みみもとでささやくのさ)

耳もとで囁くのさ

(きみのからだのなかたいようがもえている)

君の体の中 太陽が燃えている

(いくつものなみだをこらえながらいくつものよるをこえて)

いくつもの涙をこらえながら いくつもの夜を越えて

(いきていられるだけのあいがひつようだから)

生きていられるだけの 愛が必要だから

(たいようがもえているぎらぎらともえている)

太陽が燃えている ギラギラと燃えている

(ふたりがあいしあうためにほかになにもいらないだろう)

二人が愛し合うために 他に何もいらないだろう

(そのくちびるぼくのためにこのあいをきみのために)

そのくちびる僕のために この愛を君のために

(うまれかわってもまたあおう)

生まれ変わってもまた会おう

(おなじばしょでまたあおう)

同じ場所でまた会おう

(たいようがもえているたいようがもえている)

太陽が燃えている 太陽が燃えている

(だきあってささやくのさ)

抱き合って囁くのさ

(きみのからだのなかぼくのからだのなかたいようがもえている)

君のからだの中 僕のからだの中 太陽が燃えている

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!