明け星

投稿者テントウムシプレイ回数1854順位793位
楽曲情報 明け星  LiSA  作詞梶浦由記  作曲梶浦由記
難易度(2.2) 952打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 LiSA かなタイピング 鬼滅の刃
鬼滅の刃 無限列車編のオープニング曲です。
LiSAさんの明け星です
たくさんの人に遊んでほしいです。
※このタイピングは「明け星」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 7979 8.1 98.0% 119.3 971 19 43 2021/10/22
2 「 」 7741 8.0 96.7% 121.3 972 33 43 2021/11/05
3 アナゴさん 6864 7.1 95.5% 131.7 948 44 43 2021/11/12
4 mai 6854 7.0 97.1% 134.8 952 28 43 2021/10/21
5 みる 6220 甲(きのえ) 6.4 97.0% 147.9 949 29 43 2021/11/15

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たいようをあかくとじこめて)

太陽を朱く閉じ込めて

(くるまはどこへすすむ)

車輪は何処へ進む

(こんとんのふきあれるよるに)

混沌の吹き荒れる夜に

(ぼくらのこえがひびいた)

僕らの声が響いた

(ねがいのあかりをともして)

願いのあかりを灯して

(こころはゆめをぬぎすてて)

心は夢を脱ぎ捨てて

(しろいみちをいく)

白い道を行く

(くらいそらにはあけぼしがみらいを)

昏い空には明け星が未来を

(どうしてもさしてうごかないから)

どうしても指して動かないから

(やさしくさそうきのうにてをふって)

優しく誘う昨日に手を振って

(ぼくらはないた)

僕らは泣いた

(またはしりだすため)

また走り出すため

(まよってもなげいてもいのちは)

迷っても嘆いても生命は

(あかるいほうへてをのばすから)

明るい方へ手を伸ばすから

(ひかりをいのりそらたかくうたごえ)

光を祈り空高く、歌声

(せめてきみにとどくように)

せめて君に届くように

(しんじつはかちのこったあとに)

真実は勝ち残った後に

(だれかがおいていくもの)

誰かが置いて行くもの

(どうもうなけものがよびあう)

獰猛な獣が呼び合う

(せかいはきずをかさね)

世界は傷を重ね

(ちのいろにぬれた)

血の色に濡れた

(とおぼえがつきをおとす)

遠吠えが月を堕とす

(とこやみにひそむちいさなはな)

常闇に潜む小さな花

(ぼくらはひかりをいのるてのひらで)

僕らは光を祈る手のひらで

(ほろぼしあったり)

滅ぼし合ったり

(きみをだきしめたり)

君を抱きしめたり

(ねがいがかなうそのひまで)

願いが叶うその日まで

(まだくれないにそまらない)

まだ紅に染まらない

(しろいみちをいく)

白い道を行く

(むねのなかにあるあかりがみらいを)

胸の中にある灯りが未来を

(どうしてもさしてきえないんだ)

どうしても指して消えないんだ

(つめたくふかくとざしたこころにも)

冷たく深く閉ざした心にも

(ちいさくつよく)

小さく強く

(かがやきつづけてる)

輝き続けてる

(おもいでよかなしみよぼくらを)

思い出よ哀しみよ僕らを

(あかるいほうへおくりだしてよ)

明るい方へ送り出してよ

(ひがしのちへいそらたかくあけぼし)

東の地平空高く、明け星

(はるかとおいみちのうえに)

はるか遠い道の上に

(たいようをおいかけて)

太陽を追いかけて

(くるまはすすむ)

車輪は進む

(こんとんのうた)

混沌の歌

(くらいそらにはあけぼしがしずかに)

昏い空には明け星が静かに

(ただひとすじのひかりをくれた)

ただ一筋の光をくれた