モノローグ

投稿者heyプレイ回数47
楽曲情報 モノローグ  佐久間咲也(CV:酒井広大)  作詞中山 真斗  作曲中山 真斗
難易度(3.0) 1314打 歌詞 かな 長文モード可タグA3 佐久間咲也 モノローグ A3!
A3!の3部の曲です!
アプリゲーム、A3!第三部前半 咲也くんの曲です。
※このタイピングは「モノローグ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はじめてのきもちなんだよほらきみになにからはなそう)

はじめての気持ちなんだよ ほら 君に何から話そう

(むねのおくまいあがるのはもうこいのようなまほうだ)

胸の奥 舞い上がるのは もう恋のような魔法だ

(ふるえそうなあしでもまちきれないどきどきを)

震えそうな足でも 待ちきれないドキドキを

(みすかしたすぽっとらいとみちびかれるままにあるきだしていた)

見透かしたスポットライト 導かれるままに 歩き出していた

(そしてぼくのなかでうまれた)

そして 僕の中で生まれた

(このこどういまもまだなりやまずにいる)

この鼓動 今もまだ 鳴りやまずにいる

(にじむけしきとひかりがいくつもの)

滲む景色と光が いくつもの

(ゆめをさかせてくれたからきっと)

夢を 咲かせてくれたから きっと

(いつのひかいろあせないように)

いつの日か 色褪せないように

(たいせつにしまっていたゆめのはじまりを)

大切にしまっていた 夢の始まりを

(なんどだってそうおもいだせるなら)

何度だって そう思い出せるなら

(いつもむねをこがすえいえんみつけた)

いつも 胸を焦がす 永遠見つけた

(はじめてのきもちなんだよほらいっしょにきかせてほしい)

はじめての気持ちなんだよ ほら 一緒に聞かせてほしい

(きみのいうえそらごとならまたしんじてしまうんだ)

君のいう絵空事なら また信じてしまうんだ

(つたなくってもいいんだよだからこそぼくはむちゅうさ)

つたなくってもいいんだよ だからこそ僕は夢中さ

(ころんでもそれでよかったちらばったひびさえにじをえがいて)

転んでもそれでよかった 散らばった日々さえ 虹を描いて

(だれもいないすてーじのうえで)

誰もいない ステージの上で

(まぶしいひかりにただたちつくしていたよ)

眩しい光に ただ 立ち尽くしていたよ

(こどくなよるにもういちどあさがきて)

孤独な夜に もう一度 朝が来て

(ぼくのこころとかすようにいまは)

僕の心 溶かすように 今は

(なんどめのすぎさるきせつも)

何度目の 過ぎ去る季節も

(いつまでもかわらずにとねがってしまうよ)

いつまでも 変わらずにと 願ってしまうよ

(やさしいきせきがもったいないくらい)

優しい奇跡が もったいないくらい

(ここにありふれてる)

ここに ありふれてる

(どんなとまどいもなみだもともにつむぎだすすべてが)

どんな戸惑いも 涙も ともに紡ぎだす 全てが

(ぼくたちだけのしなりおなんだよ)

僕たちだけの シナリオなんだよ

(よろこびにあふれてまくがおりるまでひびけ)

喜びに溢れて 幕が下りるまで 響け

(だれのこころにもまだきっとたしかにいきづいたものがたりなら)

誰の心にもまだ きっと 確かに息づいた物語なら

(じぶんらしくさけばいいなにもごまかさないで)

自分らしく咲けばいい 何もごまかさないで

(いまさきほこれさあ)

今 咲き誇れ さあ

(そしてぼくのなかでうまれたあつい)

そして 僕の中で生まれた 熱い

(このこどういまもまだなりやまずにいる)

この鼓動 今もまだ 鳴りやまずにいる

(にじむけしきとひかりがいくつものゆめを)

滲む景色と光が いくつもの 夢を

(さかせてくれたからきっと)

咲かせてくれたから きっと

(いつのひかいろあせないように)

いつの日か 色褪せないように

(たいせつにしまっていたゆめのはじまりを)

大切にしまっていた 夢の始まりを

(きみがよぶならおもいだしてもういちど)

君が呼ぶなら 思い出して もう一度

(そのつづきをはじめてみようか)

その続きを 始めてみようか

(いまもおなじこどうがきこえた)

今も同じ 鼓動が聞こえた

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!