1st- タイピング検定

投稿者r-ティルカプレイ回数348
難易度(3.5) 60秒 長文 かなタグ初心者 早打ち タイピング練習
ごく普通のタイピング練習です。 検定機能付き。
注:「不合格」が出たら十級にも到達していない、ということです。

r-ティルカです
<今回の作者記録 6583PT 四段>

スコアに応じて十級〜五段、特段まであります。
意外と段位取るのは難しい...かも?
頑張ってみてください!
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 8200 特段 8.4 97.6% 60.0 504 12 14 2021/12/05
2 r-ティルカ 6583 四段 7.1 92.8% 60.0 428 33 10 2021/12/03
3 a 5600 一級 5.7 97.4% 60.0 345 9 9 2021/12/04
4 地蔵 5300 一級 5.7 92.5% 60.0 346 28 9 2021/12/03
5 なんだかな 5050 二級 5.4 93.9% 60.0 324 21 8 2021/12/06

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さんだんといれようとするとさんだんとでてきてしまう)

三段と入れようとすると散弾と出てきてしまう

(うそがまるばれになったときのふんいきがする)

嘘がまるバレになったときの雰囲気がする

(きがすとうちたいのにきがすとでるねっとすらんぐ)

気がすとうちたいのに希ガスと出るネットスラング

(かくりつろんならきせきはいくらでもおきる)

確率論なら奇跡はいくらでも起きる

(かんようくをうつのはだいたいやりづらい)

慣用句を打つのはだいたいやりづらい

(なにかやらかしてくれるだろうというりゆうでさいよう)

なにかやらかしてくれるだろうという理由で採用

(いがいとおしづらいはしっこのきー)

意外と押しづらい端っこのキー

(このきせつはまどからにじがよくみえる)

この季節は窓から虹がよく見える

(うぃきからふりがなをとってくるとろくなことがない)

ウィキからふりがなを取ってくるとろくなことがない

(なぜかなれないあまぞんのつかいかた)

何故か慣れないアマゾンの使い方

(みずにしずむあぶらというのはあるのだろうか)

水に沈む油というのはあるのだろうか

(ぱそこんのじゅうでんがよわってきてこまる)

パソコンの充電が弱ってきて困る

(しんけんしょうぶなのにどこかきがぬけている)

真剣勝負なのにどこか気が抜けている

(としょかんでものをたべるのはそもそもあうと)

図書館で物を食べるのはそもそもアウト

(ひとはおどろいたときがいちばんじゅんすいになる)

人は驚いたときが一番純粋になる

(みかたまでもをけんせいしてしまうようなこうどう)

味方までもを牽制してしまうような行動

(すりきずというものもさいきんしなくなった)

擦り傷というものも最近しなくなった

(おだいをにじゅっこつくるのってなかなかたいへん)

お題を二十個作るのってなかなか大変

(あるかないかがぎりぎりのじはんき)

あるかないかがギリギリの自販機

(おだいがみじかいとどこかゆうりなきがする)

お題が短いとどこか有利な気がする

など

(がんせいひろうがなくなるひはくるのだろうか)

眼精疲労がなくなる日は来るのだろうか

(てすとにでるといわれたところこそでてこない)

テストに出ると言われたところこそ出てこない

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告