紅色ボーダーライン

投稿者Amaneプレイ回数00
楽曲情報 紅色ボーダーライン  recog  作詞HEAVENZ  作曲HEAVENZ
難易度(2.6) 1162打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞
ヘブンズPの 紅色ボーダーライン 歌詞タイピングです
ヘブンズPの 紅色ボーダーライン 歌詞タイピングです
※このタイピングは「紅色ボーダーライン」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きょうからここがぼくだけのせかいだ)

今日からここが ボクだけの世界だ

(きのうまでここはだれかのせかいだった)

昨日までここは 誰かの世界だった

(れんたるしてゆくしかっけいしろいおうこくは)

レンタルしてゆく 四角形 白い王国は

(ゆめみがちなこのめにはむげんにうつったんだ)

夢見がちな この眼には 無限に映ったんだ

(でもひとしきりふあんになって)

でもひとしきり不安になって

(なれないでんしゃにいらだって)

慣れない電車に苛立って

(どあとどあのあいだのはなし)

ドアとドアの間の話

(となりのひともしらないまま)

隣の人も知らないまま

(くうちゅうゆうえいはるのくもにのる)

空中遊泳 春の雲に乗る

(ひとつまたひとつまたとんでゆく)

1つまた 1つまた 飛んでゆく

(それでもさここにいるよ)

それでもさ ここにいるよ

(じゆうとびょうどうはとなりあわせだと)

自由と平等は 隣り合わせだと

(いつもこころはきづいてたんだろう)

いつも 心は 気づいてたんだろう

(ゆうじゅうなかぜにうたえば)

優柔な風に歌えば

(あいをあいをあいをさけんでる)

曖を 哀を 藍を 叫んでる

(さんねんごのぼくはまだ)

「3年後のボクはまだ

(まっしろいおうこくでとまどってないてますか)

真っ白い王国で 戸惑って泣いてますか?」

(ぼくがせかいをしるたび)

ボクが世界を知るたび

(このせかいはべにいろにそまってゆく)

この“世界”は紅色に 染まってゆく

(かぜがつよくてまわるまわるれんげきょう)

風が強くて 回る回る蓮華教

(ひかりがはねてはおもいがにじんでた)

光が跳ねては 想いが滲んでた

(ぼくらがすごしたおとなとのきょうかいせん)

ボクらが過ごした 大人との境界線

(あのこうしゃにうつったあだなのようなはな)

あの校舎に映った 徒名のような花

(わだいのえいがをみてないて)

話題の映画を観て泣いて

(おしゃれなふくやみつけだして)

お洒落な服屋見つけ出して

(そつぎょういらいのきみがいて)

卒業以来のキミがいて

(なぜかおたがいはずかしくて)

何故かお互いに恥ずかしくて

(ああそんざいしょうめいおおげさじゃないよ)

ああ 存在証明 大げさじゃないよ

(だれかのきおくのなかでいきをする)

誰かの記憶の中で息をする

(ぼくらはさここにいるよ)

ボクらはさ ここにいるよ

(だれもがしってるよこきゅうをするたび)

誰もが知ってるよ 呼吸をするたび

(はなすたびこころはわらってたんだよ)

話すたび 心は 笑ってたんだよ

(ゆうかんなかぜにうたえば)

勇敢な風に歌えば

(あいをあいをあいをさけんでる)

アイを アイを アイを 叫んでる

(さんねんごのぼくはもう)

「3年後のボクはもう

(まっしろいおうこくがおもいでそまっていますか)

真っ白い王国が 想いで染まっていますか?」

(ゆうげんなかぜにおどれば)

幽玄な風に踊れば

(あいをあいをあいをしょうめいしてゆく)

愛を 逢を “アイ”を証明してゆく

(なにもしらないことだけ)

何も知らないことだけ

(しっていればきょうをわらえるひがくるよ)

知っていれば 今日を笑える日が来るよ

(ぼくがせかいをしるたび)

ボクが世界を知るたび

(このせかいはべにいろにそまってゆく)

この“世界”は紅色に 染まってゆく

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。