喪失モノクローム

投稿者柘榴プレイ回数121
楽曲情報 喪失モノクローム  作詞OTETSU  作曲OTETSU
難易度(3.0) 719打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ボカロ がくっぽいど otetsu
がくぽの「喪失モノクローム」の歌詞打ちです。
※このタイピングは「喪失モノクローム」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 レクラ 3880 D++ 4.5 87.1% 157.7 718 106 21 2021/12/15

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いろもわすれたなつものくろのおもいで)

色も忘れた夏 モノクロの思い出

(げんきだったきみがそばにいてくれたなつのひび)

元気だった君が傍に居てくれた夏の日々

(あのころはただふたりよりそって)

あの頃は、ただ二人寄り添って

(しあわせなゆめをかたりあっていたよね)

幸せな夢を語り合っていたよね

(きぎもかれたふゆふりつもるゆきのなか)

木々も枯れた冬 降り積もる雪の中

(きえてしまいそうなともしびむしばむやまい)

消えてしまいそうな 灯 蝕む病

(あたたかくなってゆきはとけてきえていって)

暖かくなって、雪は溶けて消えていって

(なまぬるいかぜとゆきのようにつめたいからだ)

生温い風と、雪の様に冷たい体

(なつがおとずれてけしきはかわらないけれど)

夏が訪れて、景色は変わらないけれど

(そばにいたはずのきみはいなくなっていた)

傍に居たはずの君は居なくなっていた

(あいとゆめであいわかれ)

愛と夢 出会い別れ

(だれもがくりかえしている)

誰もが繰り返している

(そしてきょうもながれるけしきにきおくをかさねた)

そして今日も流れる景色に記憶を重ねた

(もうまわりにはきみもなにもなくなって)

もう周りには、君も、何も無くなって

(しらぬまにじだいはとおくかけぬけていった)

知らぬ間に時代は、遠く駆け抜けていった

(いつかはなしていたゆめはかこにおいたまま)

いつか話していた夢は、過去に置いたまま

(いつかはなしていたゆめはかこにおいたまま)

いつか話していた夢は、過去に置いたまま

(ひとりとりのこされたおもいでとゆめにしばられ)

一人取り残された 思い出と夢に縛られ

(なにをおもいねがってももうかこにはもどれない)

何を想い願っても もう過去には戻れない

(あのころはただふたりよりそって)

あの頃は、ただ二人寄り添って

(しあわせなゆめをかたりあっていたよね)

幸せな夢を語り合っていたよね

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

柘榴のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971