風を仰ぎし麗容な

背景
投稿者投稿者いいね0お気に入り登録
プレイ回数143難易度(3.0) 950打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 風を仰ぎし麗容な  風真いろは  作詞牛肉  作曲雄之助
風真いろは オリ曲
※このタイピングは「風を仰ぎし麗容な」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 4735 C++ 4.7 99.3% 198.3 945 6 27 2024/04/04
2 ぽこべぇ 4648 C++ 4.8 96.8% 197.7 950 31 27 2024/03/31

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こころよせほのかうたう)

心寄せ仄か歌う

(はなのねになりたい いろづくそのまえより)

花の根になりたい 色づくその前より

(しかとちにたちたい くちびをめぶかせる)

しかと地に立ちたい 口火を芽吹かせる

(やらずのあめがふろうと だせいにときをすすることなく)

遣らずの雨が降ろうと 惰性に時を啜ることなく

(よろずのこえをともせば ゆえんもありしひの)

よろずの声を灯せば 油煙も在りし日の

(きおくにできるから なみだぐもにいちるのかぜがふく)

記憶にできるから 涙雲に一縷の風が吹く

(さくらはちらなければあいされないと ひからぬはむしになつなしと)

桜は散らなければ愛されないと 光らぬ羽虫に夏なしと

(くらべられようが たけをかちわるぐらい)

比べられようが 竹をかち割るぐらい

(みをきるぐらいになぎをうつ ありあけのさきで)

身を切るぐらいに凪を打つ 有り明けの先で

(こころよせほのかうたう とこしえにはるかしのぶ)

心寄せ仄か歌う 常しえに遥か忍ぶ

(いってつのいってきを たらしつづけるしみずのごとく)

一徹の一滴を 垂らし続ける清水の如く

(がんじょうでごうじょうなしんぞうでも わきとかすしこうに)

頑丈で強情な心臓でも 湧き溶かす志向に

(ふるいおこしたよせいは つむじのはたをゆらしさそう)

奮い起こした余勢は 旋の旗を揺らし誘う

(のみちをすすむきそくで ふくむところもなく)

野道を進む驥足で 含むところもなく

(じぶんをみだして むげんじょうにいただくかぜよ)

自分を見出して 夢幻城に頂く風よ

(さしむかえ)

差し向かえ

(こころよせほのかうたう とどまらずすみわたる)

心寄せ仄か歌う 留まらず澄み渡る

(かのはては ただれいようならば)

かの果ては ただ麗容ならば

(おもむくがままにかぜをあおぎ)

赴くがままに風を仰ぎ

(あかぬけて まだれいようならば)

垢抜けて まだ麗容ならば

(ひたむきなすがたにおいかぜは)

直向きな姿に追い風は

(ふく)

吹く

(さくらはちらなければあいされないと ひからぬはむしになつなしと)

桜は散らなければ愛されないと 光らぬ羽虫に夏なしと

(くらべられようが たけをかちわるぐらい)

比べられようが 竹をかち割るぐらい

(みをきるぐらいになぎをうつ ありあけのさきで)

身を切るぐらいに凪を打つ 有り明けの先で

(こころよせほのかうたう とこしえにはるかしのぶ)

心寄せ仄か歌う 常しえに遥か忍ぶ

(こんじきのかみがなびく)

金色の髪が靡く

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、個人情報の投稿、歌詞の投稿、出会い目的の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。