人造エネミー

投稿者ペコ/FJPプレイ回数000お気に入り3
楽曲情報 人造エネミー  じん(自然の敵P)  作詞じん(自然の敵P)  作曲じん(自然の敵P)
第1話 : 人造エネミー (目を背ける話)
【メカクシティデイズ】 人造エネミー 第一話 「目を背ける話」
 ↑ https://www.youtube.com/watch?v=9SOLvrXq-d0

【ゆめこ】人造エネミー【歌ってちょっと演じてみた】
 ↑            ↑(オススメっすよぉ~!)
 ↑ https://www.youtube.com/watch?v=8RMs6RFXAvo


カゲロウプロジェクト タイピング のリストはこちら!
 ↑ http://typing.twi1.me/bookmark?id=4061

歌詞打のリストはこちら!
 ↑ http://typing.twi1.me/bookmark?id=3538

こっちもよろしくね☆
 ↑ http://typing.twi1.me/bookmark?id=3535
※このタイピングは「人造エネミー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • シャルル

    シャルル

    愛を 謳って。

    プレイ回数503361
    歌詞かな1065打
  • ヴィラン 一番のみ

    ヴィラン 一番のみ

    てにをはさんのヴィラン一番のみです!

    プレイ回数25774
    歌詞かな376打
  • アスノヨゾラ哨戒班

    アスノヨゾラ哨戒班

    君が笑う再会の夜空へ。

    プレイ回数243966
    歌詞980打
  •  KING

    KING

    KanariaさんのKINGの歌詞タイピングです。

    プレイ回数24152
    歌詞かな816打
  • 命に嫌われている。

    命に嫌われている。

    カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

    プレイ回数219069
    歌詞1812打
  • 天ノ弱 歌詞打

    天ノ弱 歌詞打

    GUMI 天ノ弱

    プレイ回数251129
    歌詞かな988打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆめのきえたまいにちをくりかえしていたっていみなどないよと)

「夢の消えた毎日を繰り返していたって 意味などないよ。」と

(すばらしいこというね)

素晴らしいこと言うね

(きみもそうひげんじつをあいしてますなんてゆびではいうけど)

君もそう、「非現実を愛してます。」なんて指では言うけど

(くちではなにもいえないのにね)

口では何も言えないのにね

(かおもこえもないひととつながってるなにかをかんじてる)

顔も声もない人と繋がってる「なにか」を感じてる

(それはきっとそうしそうあいじゃないけど)

それはきっと相思相愛じゃないけど

(そうやってきょうもまたいちにちがおわるけど)

そうやって今日もまた一日が終わるけど

(きみはいきたようなふりをしてしてそしてねむる)

君は生きたようなフリをして して そして眠る

(ああつまらないなとめをそむけてみても)

「ああ、つまらないな。」と目を背けてみても

(とじることはできないくせに)

閉じることは出来ないくせに

(ねぇそんなことをみとめもしないわりに)

ねぇ、そんなことを認めもしない割りに

(きょうもまたいやらしいかおでがめんのおくのわたしをみてるよ)

今日もまた厭らしい顔で画面の奥の私を見てるよ?

(それがさいぜんさくじゃないことをきっときみはしってる)

それが最善策じゃないことをきっと君は知ってる

(しぼんだくらいまいにちにおぼれてるのはくるしいよね)

萎んだ暗い毎日に溺れてるのは苦しいよね

(うそじゃないげんじつがなんなのかわからないのならいっしょに)

嘘じゃない現実が何なのか解らないのなら一緒に

(ひとがつくりだしたせかいでいきるのはどうかな)

人が造りだした世界で生きるのはどうかな?

(きみをひていするようなばしょなんているいみがないでしょ)

君を否定するような場所なんている意味が無いでしょ?

(もうすべてのーにしてわたしだけをみてよ)

もう全て「NO.」にして私だけを見てよ

(ああすばらしいねとてをたたいてみても)

「ああ素晴らしいね。」と手を叩いてみても

(ぜんぶうそでそとはごみだらけ)

全部嘘で外はゴミだらけ

(ねえくるしいほどそれにうもれたきみが)

ねえ、苦しいほどそれに埋もれた君が

(なんでいまあっちにむけるつめたいかおでわたしをみてるの)

何で今あっちにむける冷たい顔で 私を見てるの?

(それがさいぜんさくじゃないことをきっときみもしってる)

それが最善策じゃないことをきっと君も知ってる

(それのさきにあるのはきっとそこなしのこどくかん)

それの先にあるのはきっと底無しの孤独感

(ひかりのささないまいにちをくりかえしてたへやに)

光の射さない毎日を繰り返してた部屋に

(くずれはじめているわたしののいずがひびいてる)

崩れ始めている私のノイズが響いてる

(こんなのぜんぜんわからないよさけんだわたしにきみは)

「こんなの全然解らないよ」叫んだ私に君は

(しゃべるだけのおもちゃはもうあきたといった)

「喋るだけのおもちゃはもう飽きた。」と言った

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。