Unfair World

投稿者ppamuプレイ回数000
楽曲情報 UNFAIR WORLD  三代目 J Soul Brothers from EXILE  作詞小竹 正人  作曲MITSU.J
難易度(4.5) 1286打 歌詞 長文モード可タグEXILE 三代目 JSB
Unfair World
アンフェアTHE ENDの主題歌です。三代目JSB
※このタイピングは「UNFAIR WORLD」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あなただけはしんじてるつぶやいてきみはめをそらす)

「あなただけは信じてる」呟いて君は目をそらす

(なにをみているの?とぼくがといかけたならほしをみてるそういった)

何を見ているの?と僕が問いかけたなら「・・・星を見てる」そう言った

(きょうもせわしいうらぎりのまちではよぞらにほしなんてみえなくて)

今日も忙しい裏切りの街では夜空に星なんて見えなくて

(びるのうえのこうくうしょうがいとうがてんめつするだけなのに)

ビルの上の航空障害灯が点滅するだけなのに

(ないていいんだよこのうでのなかつかれはててねむるくらいなけばいいさ)

泣いていいんだよ この腕の中 疲れ果てて眠るくらい泣けばいいさ

(そのかなしみにふれられないぼくはただきみをだきしめていよう)

その悲しみに触れられない僕は ただ君を抱きしめていよう

(ひとはだれしもひかりとかげがこうさするせかいのはてのまよえるたびびと)

人は誰しも光と影が交差する 世界の果ての迷える旅人

(いろあせてるあさひのぼるまでいっしょにねむりにつこうinunfairworld)

色褪せてる朝日昇るまで一緒に眠りに就こう In unfair world

(ゆめのかけらすてるたびおくじょうへきみはかけあがる)

希望の欠片捨てるたび屋上へ君は駆け上がる

(なみだこぼれないようにきゅうじゅうどにくびをまげてもどかしいほどそらをみる)

涙こぼれないように九十度に首を曲げて もどかしいほど空を見る

(そしてぼくはすこしはなれたばしょでいとしさをもてあましながら)

そして僕は少し離れた場所で愛しさを持て余しながら

(こころできみをまもっているよそれがぼくのあいだから)

心で君を守っているよ それが僕の愛だから

(つきもほしもひとりきりではけっしてひかりかがやいたりできはしない)

月も星も一人きりでは決して光り輝いたりできはしない

(よるのうらがわうつむいただれかをたいようがいまてらしてる)

夜の裏側うつむいた誰かを太陽が今照らしてる

(きみになりたいきみになってなにもかもぼくがかわりにのりこえていきたい)

君になりたい君になって何もかも僕が代わりに乗り越えていきたい

(たちきることできないやるせなさをこえがかれるまでさけびつづけて)

断ち切ることできないやるせなさを声が涸れるまで叫び続けて

(あすはどんなうそがきみをきずつけるのだろう?そのきずはぼくがきっとふさいでいみせるんだ)

明日はどんな嘘が君を傷つけるのだろう?その傷は僕がきっと塞いで見せるんだ

(あすはどんなやみがきみをくるしめてしまうんだろう?)

明日はどんな闇が君を苦しめてしまうんだろう?

(きみをてらすんだcryforyourlove)

君を照らすんだ Cry fou your love

(ないていいんだよこのうでのなかつかれはててねむるくらいなけばいいさ)

泣いていいんだよ この腕の中 疲れ果てて眠るくらい泣けばいいさ

(そのかなしみにふれられないぼくはただきみをだきしめていよう)

その悲しみに触れられない僕は ただ君を抱きしめていよう

(ひとはだれしもひかりとかげがこうさするせかいのはてのまよえるたびびと)

人は誰しも光と影が交差する 世界の果ての迷える旅人

(いろあせてるあさひのぼるまでいっしょにねむりにつこうinunfairworld)

色褪せてる朝日昇るまで一緒に眠りに就こう In unfair world

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。