空想フォレスト

スポンサーリンク
投稿者なお プレイ回数2388 順位2875位 お気に入り1
楽曲情報 空想フォレスト  IA  作詞じん  作曲じん
難易度(3.3) 1467打 歌詞 かな タグボカロ 歌詞
空想フォレストの歌詞タイピングです(・ω・*)
※このタイピングは「空想フォレスト」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数215043
歌詞かな1066打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数33294
かな30秒
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数73673
歌詞1811打
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数77543
歌詞980打
乙女解剖

乙女解剖

DECO*27さんの乙女解剖です

プレイ回数12534
歌詞かな1211打
ボーカロイドタイピング

ボーカロイドタイピング

ボーカロイドの曲名のタイピングです

プレイ回数517237
120秒

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なつかぜがのっくするまどをあけてみると)

夏風がノックする 窓を開けてみると

(どこからかまよいこんだとりのこえ)

何処からか迷い込んだ鳥の声

(よみかけのほんをおきどこからきたんだいとわらう)

読みかけの本を置き「どこから来たんだい」と笑う

(めかくししたままのごごさんじです)

目隠ししたままの午後三時です

(せかいはあんがいしんぷるでふくざつにかいきした)

世界は案外シンプルで複雑に怪奇した

(わたしなんてだれにりかいもされないまま)

私なんて誰に理解もされないまま

(まちはずれもりのなかひとめにつかないこのいえをおとずれるひとなどいないわけで)

街外れ、森の中、人目につかないこの家を訪れる人などいない訳で。

(めをあわせないでかたまったこころひとりぼっちであきらめて)

目を合わせないで!固まった心、ひとりぼっちで諦めて

(めにうつったものにあんどするひびは)

目に映った無機物に安堵する日々は

(ものがたりのなかでしかしらないせかいにすこしあこがれることくらいゆるしてくれますか)

物語の中でしか知らない世界に少し憧れることくらい許してくれますか?

(たんたんとながれだしたうまれてしまったりふじんでも)

淡々と流れ出した生まれてしまった理不尽でも

(あんがいじんせいなんでわたしのなかじゃ)

案外人生なんで。私の中じゃ。

(ねぇねぇとっぴなみらいをそうぞうしてふくらむせかいは)

ねぇねぇ突飛な未来を想像して膨らむ世界は

(きょうかあしたでものっくしてくれないですか)

今日か明日でもノックしてくれないですか?

(なんてもうそうなんかしてそとをながめていると)

なんて妄想なんかして外を眺めていると

(とつぜんきこえてきたのはしゃべりごえ)

突然聴こえてきたのは喋り声

(のみかけのはーぶてぃーをつくえじゅうにまきちらし)

飲みかけのハーブティーを机中に撒き散らし

(どうしようとどあのむこうをみつめました)

「どうしよう・・・」とドアの向こうを見つめました。

(めをあわせるといしになってしまうそれはりょうしんにきいたこと)

「目を合わせると石になってしまう」それは両親に聞いたこと

(わたしのめもそうなっているようで)

私の目もそうなっている様で

(ものがたりのなかなんかじゃいつもこわがられるやくばかりで)

物語の中なんかじゃいつも怖がられる役ばかりで。

(そんなことしっているわけで)

そんな事知っている訳で。

(とんとんとひびきだしたのっくのおとははじめてで)

トントン、と響きだしたノックの音ははじめてで

(きんちょうなんてものじゃたりないくらいで)

緊張なんてものじゃ足りないくらいで。

(ねぇねぇとっぴなせかいはそうぞうしているよりも)

ねぇねぇ、突飛な世界は想像しているよりも

(じつにかんたんにどあをあけてしまうものでした)

実に簡単にドアを開けてしまうものでした。

(めをふさぎうずくまるすがたにそのひとはおどろいて)

目を塞ぎうずくまる姿にその人は驚いて

(めをみるといしになってしまうというとただわらった)

「目を見ると石になってしまう」と言うとただ笑った

(ぼくだっていしになってしまうとおびえてくらしてた)

「僕だって石になってしまうと怯えて暮らしてた

(でもせかいはさあんがいおびえなくていいんだよ)

でも世界はさ、案外怯えなくていいんだよ?」

(たんたんとなりひびいたこころのおくにあふれてた)

タンタン、と鳴り響いた心の奥に溢れてた

(そうぞうはせかいにすこしなりだして)

想像は世界に少し鳴り出して

(ねぇねぇとっぴなみらいをおしえてくれたあなたがまたまよったときは)

ねぇねぇ、突飛な未来を教えてくれたあなたがまた迷った時は

(ここでまっているから)

ここで待っているから。

(なつかぜがきょうもまたあなたがくれたふくの)

夏風が今日もまたあなたがくれた服の

(ふーどをすこしだけゆらしてみせた)

フードを少しだけ揺らしてみせた。

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。