また夏を追う あたらよ

背景
投稿者投稿者るいいいね1お気に入り登録
プレイ回数32難易度(2.7) 998打 歌詞 長文モード可
楽曲情報 また夏を追う  あたらよ  作詞ひとみ  作曲ひとみ
※このタイピングは「また夏を追う」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つゆあけのそらにじむまち)

梅雨明けの空滲む街

(まどからすけるがいとうは)

窓から透ける街灯は

(まるでつきあかりのように)

まるで月明かりのように

(ぼくらをてらす)

僕らを照らす

(かけたよぞらにちらかった)

欠けた夜空に散らかった

(けんそうにまぎれるほしはまるで)

喧騒に紛れる星はまるで

(ぼくらのようさ)

僕らのようさ

(じぶんをかくしてる)

自分を隠してる

(なくのはもうやめにするんだ)

泣くのはもうやめにするんだ

(ここからはひとりあるくんだ)

ここからは一人歩くんだ

(きみいがいのだれかをまたあいせるように)

君以外の誰かをまた愛せるように

(ほらずっと)

ほらずっと

(ぼくらはきっとどこかでいつも)

僕らはきっとどこかでいつも

(なにかをまちがえていたんだね)

何かを間違えていたんだね

(それでもかわれないきみをとりのこして)

それでも変われない君を取り残して

(いつしかぼくだけかわっていたんだ)

いつしか僕だけ変わっていたんだ

(ほらきづけばもう)

ほら気づけばもう

(またなつをおう)

また夏を追う

(いえないきずがふえていく)

いえない傷が増えていく

(とりつくろうだけのぼくらのひびは)

取り繕うだけの僕らの日々は

(あまりにもろくくずれていった)

あまりに脆く崩れていった

(「かわったね」ときみはいうけど)

「変わったね」と君は言うけど

(かわらなければもっとはやく)

変わらなければもっと早く

(おわっていた)

終わっていた

(それさえしらないんだろ)

それさえ知らないんだろ

(なくのはもうやめにするんだ)

泣くのはもうやめにするんだ

(なかないきみがないたから)

泣かない君が泣いたから

(これじゃまるでぼくのほうがわるものみたいだ)

これじゃまるで僕の方が悪者みたいだ

(でもきっと)

でもきっと

(きみからみたぼくはずっと)

君から見た僕はずっと

(とおくをあるいていたんだね)

遠くを歩いていたんだね

(だからもうかわれないきみをとりのこして)

だからもう変われない君を取り残して

(いつしかぼくだけかわっていたんだ)

いつしか僕だけ変わっていたんだ

(ほらきづけばもう)

ほら気づけばもう

(またなつをおう)

また夏を追う

(みれんもこうかいも)

未練も後悔も

(ぜんぶすててしまえたらいっそ)

全部捨ててしまえたらいっそ

(らくになれるだろうに)

楽になれるだろうに

(できやしないんだ)

出来やしないんだ

(まちじゅうにあふれてる)

街中に溢れてる

(きみのかげをみるたび)

君の影を見る度

(またないてしまうんだ)

また泣いてしまうんだ

(なくのはもうやめにするんだ)

泣くのはもうやめにするんだ

(ここからはひとりあるくんだ)

ここからは一人歩くんだ

(きみいがいのだれかをまたあいせるように)

君以外の誰かをまた愛せるように

るいのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971