煙、花火

背景
投稿者投稿者いいね0お気に入り登録
プレイ回数12難易度(2.6) 1287打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 煙、花火  メガテラ・ゼロ  作詞メガテラ・ゼロ  作曲メガテラ・ゼロ
「」なしです
※このタイピングは「煙、花火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとごみがぼくらをながしてくながしてく)

人混みが 僕らを 流してく 流してく

(はなれないようにてをつなごうね?)

離れないように 手を繋ごう ね?

(だれもかれもがそらをみあげているからぼくらも)

誰もかれもが空を見上げているから 僕らも

(むねをおどらせながらみあげるよよぞらをみて)

胸を躍らせながら見上げるよ夜空を「見て」

(きみのゆびさすほうへ)

君の指さす方へ

(くらやみをかけるひとすじのひかり)

暗闇を駆ける一筋の光

(ひびくおととまるせかい)

響く音 止まる世界

(さくようにはなびがそらにまいあがる)

咲くように 花火が 空に舞い上がる

(いちめんにひろがるいろとりどりの)

一面に広がる 色とりどりの

(こころをそめあげる)

心を染め上げる

(あざやかではなやかでそれでいてはかなくて)

鮮やかで 華やかで それでいて 儚くて

(きえていくひかりのはなたばと)

消えていく 光の 花束と

(すこしだけみえてるけむりさえすべて)

少しだけ 見えてる 煙りさえ全て

(おちるようにさくひかりとは)

落ちるように咲く光とは

(まぎゃくのこうけいだのぼっていくきれいだ)

真逆の光景だ 昇っていく 綺麗だ

(はながさいた)

花が咲いた

(ひらひら)

ひらひら

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

(ひとたちのこえがきこえないきこえない)

人達の声が 聞こえない 聴こえない

(いまだけはだれもがみあげるみあげる)

今だけは誰もが 見上げる 見上げる

(つぎつぎとうちあがるはなびのたびにふたりは)

次々と打ちあがる花火の度に 二人は

(すこしだけきこえるこえをたよりにはなすよまた)

少しだけ聞こえる声を頼りに話すよ「また」

(きみのゆびさすほうへひかるよ)

君の指さすほうへ「光るよ」

(そらにさくはなびをみあげるきみの)

空に咲く 花火を 見上げる君の

(めにうつるそれさえみとれてしまうよ)

目に映る それさえ 見とれてしまうよ

(そのみあげるかおが)

その見上げる顔が

(あざやかではなやかでそれでいてはかなくて)

鮮やかで 華やかで それでいて 儚くて

(はながさいたあなたもみていますか)

花が咲いた あなたも見ていますか

(きらきらひかりのせかいを)

きらきら 光の世界を

(いまだけはなにもかもがきれいだ)

今だけは何もかもが 綺麗だ

(そらにはながさいた)

空に 花が咲いた

(はながさいたんだ)

花が咲いたんだ

(さくようにはなびがそらにまいあがる)

咲くように 花火が 空に舞い上がる

(いちめんにひろがるいろとりどりが)

一面に広がる 色とりどりが

(こころをそめあげる)

心を染め上げる

(あざやかではなやかでそれでいてはかなくて)

鮮やかで 華やかで それでいて 儚くて

(きえていくひかりのはなたばと)

消えていく 光の 花束と

(すこしだけみえてるけむりさえすべて)

少しだけ 見えてる 煙りさえ全て

(おちるようにさくひかりとは)

落ちるように咲く光とは

(まぎゃくのこうけいだのぼっていく)

真逆の光景だ 昇っていく

(はながさいたあなたもみていますか)

花が咲いた あなたも見ていますか

(きらきらひかりのせかいを)

きらきら 光の世界を

(いまだけはなにもかもがきれいだ)

今だけは何もかもが 綺麗だ

(そらにはながさいた)

空に 花が咲いた

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

(ひらひらきらきら)

ひらひら きらきら

愁のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971