嵐 Still...

投稿者なおプレイ回数39350  お気に入り2
楽曲情報 STILL…  嵐  作詞多田 慎也  作曲多田 慎也
難易度(3.5) 1377打 歌詞 かな 長文モード可タグ 歌詞 ジャニーズ
嵐のStill...の歌詞タイピングです(`・3・´)
※このタイピングは「STILL…」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつかきみがいったわすれそうなそのことばをおもいだしていた)

「いつか・・・」君が言った 忘れそうなその言葉を思い出していた

(みちのうえできせつをよぶかぜがとまる)

道の上で季節を呼ぶ 風が止まる

(そしてきみのこえでわれにかえるいつものくらしはつづいている)

そして君の声で我に返る いつもの暮らしは続いている

(なにもかもがかがやいてたあのひから)

何もかもが輝いてたあの日から

(とびらをとざしたらきえてしまいそうなことばかりだ)

扉を閉ざしたら消えてしまいそうなことばかりだ

(すなおになれなくてさっていったはかないまいにち)

素直になれなくて去っていった儚い毎日

(たぶんあのときぼくらはあるきだしたんだたがいにちがうみちを)

たぶんあの時僕らは歩き出したんだ 互いに違う道を

(いつかあのおもいがかがやきはなつときまで)

いつかあの想いが輝き放つ時まで

(しゃりんがまわりだしたらたびははじまってしまうからもうはぐれないように)

車輪が回り出したら旅は始まってしまうから もうはぐれないように

(かこをそっとだきしめる)

過去をそっと抱きしめる

(ずっとかくしていたひみつだってきみだけにはつたえてきたんだ)

ずっと隠していた秘密だって君だけには伝えて来たんだ

(どんなときもぼくのすべてたぶんまだ)

どんな時も僕の全て たぶんまだ・・・

(さわがしいまちなみすれちがってゆくなもしらないひと)

騒がしい街並 すれ違ってゆく名も知らない人

(みんなそうたいせつなだれかがいてむねをこがしてる)

みんなそう大切な誰かがいて胸を焦がしてる

(かかえたもののおおさにつぶれそうなそのときにはおもいだして)

抱えた物の多さに潰れそうなその時には思い出して

(ずっとつないできたそのてはうそじゃないから)

ずっと繋いできたその手は嘘じゃないから

(もどれるはずもないひがいとおしいよでもあしたもぼくたちをまっている)

戻れるはずもない日が愛おしいよ でも明日も僕達を待っている

(どこへだってまだいける)

何処へだってまだ行ける

(あのひきみはぼくになんていってたっけ)

”あの日君は僕になんて言ってたっけ・・・”

(なんていったってもうかんけいないね)

なんて言ったってもう関係ないね

(さんざんあってだんだんわかってきせつせまりきてさんざんないて)

散々会って段々分かって 季節迫り来て散々泣いて

(きみはきみゆめでっかくえがいてぼくはここからせいこうをねがってる)

君は君夢でっかく描いて僕はここから成功を願ってる

(まってるだけじゃあしたはないからうごいたここじゃはじまらないから)

「待ってるだけじゃ明日はないから 動いたここじゃ始まらないから」

(さきのみえないくらいどうろもそれがたとえうかいろでも)

先の見えない暗い道路も それが例え迂回路でも

(いまはすこしふたりともつらいひょうじょうしまっておこう)

いまは少し二人ともつらい表情しまっておこう

(これはわかれではないであいたちとのまたあらたなはじまり)

これは別れではない 出逢いたちとのまた新たな始まり

(ただぼくはなおあなたにあいたいまた)

ただ僕はなおあなたに逢いたい また

(いつかわらってまたさいかいそうぜったい)

いつか笑ってまた再会そう絶対

(たぶんあのときぼくらはあるきだしたんだたがいにちがうみちを)

たぶんあの時僕らは歩き出したんだ 互いに違う道を

(いつかふたりあったいみがわかるときまで)

いつか二人会った意味が分かる時まで

(しゃりんがまわりだしたらたびははじまってしまうからもうはぐれないように)

車輪が回り出したら旅は始まってしまうから もうはぐれないように

(かこをそっとだきしめる)

過去をそっと抱きしめる

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

なおのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971