冬を名乗る天使

投稿者プレイ回数40
楽曲情報 冬を名乗る天使  作詞FALL  作曲FALL
難易度(3.2) 763打 歌詞 かな 長文モード可タグUTAU 雪歌ユフ FALL ボカロ
雪歌ユフ / FALL
歌詞
※このタイピングは「冬を名乗る天使」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かわいたかぜがはこぶきせつのかおり)

乾いた風が運ぶ 季節の香り

(さむがりなぼくのことよんでるこえがきこえる)

寒がりなボクのこと 呼んでる声が聞こえる

(ひょうじょうをかえるまちおちばふみのおと)

表情を変える街 落ち葉踏みの音

(はしゃいでるきみのせにつばさはみえないけれど)

はしゃいでるキミの背に 翼は見えないけれど

(すこしせのびをしてたあのなつのめろでぃー)

少し背伸びをしてた あの夏のメロディー

(あたらしいせかいのはじまりにしまっておくよ)

新しい世界の始まりに しまっておくよ

(こぼれたなみだもいつかゆきにかわって)

零れた涙もいつか 雪に変わって

(すこしのよいんとともにきれいにとけていくでしょう)

少しの余韻とともに 綺麗に溶けていくでしょう

(とうめいなあのそらへひびくかねのおと)

透明なあの空へ 響く鐘の音

(まよえるぼくらのもとへてんしがまいおりたようさ)

迷えるボクらの下へ 天使が舞い降りたようさ

(まっしろにひかるしかいがまぶしくてめをとじそうだ)

真っ白に光る視界が 眩しくて目を閉じそうだ

(かみさまをしんじるつよさをおしえて)

神様を信じる強さを 教えて

(がいろじゅどおりのかぜがきみのあんだかみゆらして)

街路樹通りの風が キミの編んだ髪揺らして

(といきとじょうだんまじりのめっせーじがせかいをまわしてく)

吐息と冗談交じりのメッセージが世界を廻してく

(すこしだけおとなになったおさないぼくらは)

少しだけ大人になった 幼いボクらは

(いつまでもとけないまほうをゆめみたままで)

いつまでも解けない魔法を 夢見たままで

(にどとないこのしゅんかんをいとおしくおもう)

二度とないこの瞬間を 愛おしく思う

(はにかむそのえがおもかぜにきえそうなことばも)

はにかむその笑顔も 風に消えそうな言葉も

(たしかにきこえるでしょうてんしのこえが)

確かに聞こえるでしょう 天使の声が

(まよえるぼくらにひとつきぼうのうたをくれないか)

迷えるボクらにひとつ 希望の歌をくれないか

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

あのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971