宝塚幻想曲 花!

スポンサーリンク
投稿者すみれ プレイ回数446 順位8997位
楽曲情報 幻想曲花!  宝塚歌劇団花組  作詞稲葉 太地  作曲高橋 恵
難易度(3.2) 1143打 歌詞 かな タグ宝塚 花組 歌劇
宝塚幻想曲より
※このタイピングは「幻想曲花!」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

宝塚生徒の名前タイピング

宝塚生徒の名前タイピング

宝塚の在籍あるいはOGの方々の名前をタイピングで打ったください

プレイ回数419
英字60秒
灰の水曜日(宝塚歌劇団)

灰の水曜日(宝塚歌劇団)

雪組公演 ショー・グランデ『Carnevale睡夢』より

プレイ回数181
歌詞かな427打
劇場へ行こう

劇場へ行こう

サクラ大戦の楽曲

プレイ回数49
歌詞かな822打
イカルスの星

イカルスの星

サクラ大戦の楽曲です

プレイ回数18
歌詞975打
これがレビュウ!

これがレビュウ!

サクラ大戦の楽曲です

プレイ回数24
歌詞1269打
宝塚歌劇用語

宝塚歌劇用語

宝塚歌劇用語

プレイ回数133
60秒

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うまれたばかりのあおいほしのうえで)

生まれたばかりの 青い星の上で

(おさないむねをふるわせてそらをみあげる)

幼い胸を震わせて 空を見上げる

(どこまでもつづくひろいそらはなにも)

どこまでも続く 広い空は何も

(おしえてはくれないけれどてをひろげそっとわたしをよんでいた)

教えてはくれないけれど 手を広げ そっと私を呼んでいた

(まだなにもしらないけれどめのまえをふきぬけゆく)

まだ何も 知らないけれど 目の前を 吹き抜けゆく

(ぎんいろのかぜにせなかをおされて)

銀色の風に 背中を押されて

(はなをさかせるはてないたびにでる)

花を咲かせる 果てしない旅に出る

(はるはなはひらきよろこびにあふれる)

春花は開き 喜びに溢れる

(なつはよるのそらをこがすうちあげはなび)

夏は夜の宙を焦がす 打ち上げ花火

(あきのたそがれはつきをはなとながめ)

秋の黄昏は 月を花と眺め

(いてつくふゆにまうゆきはほしかげのしたかがやくしろいはな)

凍てつく冬に舞う雪は 星影の下 輝く白い花

(くりかえすきせつのなかにくりかえしはなはさいて)

繰り返す季節の中に 繰り返し花は咲いて

(はるなつあきふゆいのちをつむいでかぜにふかれそらのかなた)

春夏秋冬 命を紡いで 風に吹かれ 空のかなた

(じゆうにどこでもとんでゆくふぁんたじあときをこえて)

自由に どこでも 飛んでゆく ファンタジア 時を超えて

(いつかめぐりあえるあなたのもとへふぁんたじああなたとであいたい)

いつか巡り合える あなたのもとへ ファンタジア あなたと出会いたい

(ふぁんたじあきっとどこかで)

ファンタジア きっとどこかで

(まだみぬせかいにはなにがまっているのか)

まだ見ぬ世界には 何が待っているのか

(まだみぬあなたであえるのだろうか)

まだ見ぬあなた 出会えるのだろうか

(いつかはあいをしりいつかはあいにむすばれて)

いつかは愛を知り いつかは愛に結ばれて

(いつのひかあいにだかれうまれたつちにかえりねむるなら)

いつの日か愛に抱かれ 生まれた土に還り 眠るなら

(いまはただあしたへはばたこうよ)

今はただ明日へ羽ばたこうよ

(どこまでもはてないそらへおそれずにとんでみよう)

どこまでも 果てしない空へ 恐れずに飛んでみよう

(ちいさなつばさをつなぎあわせゆこう)

小さな翼を つなぎ合わせゆこう

(たとえあらしふきあれても)

たとえ嵐 吹き荒れても

(あしたにみらいにかれないはなさかそう)

明日に 未来に 枯れない花咲かそう

(ふぁんたじあしばられずにじゆうにそらたかくかけてゆこうよ)

ファンタジア 縛られずに 自由に空 高く駆けてゆこうよ

(ふぁんたじあかぜにふかれてははなびらまいあがるはるは)

ファンタジア風に吹かれては 花びら 舞い上がる春は

(あなたとさかせようふぁんたじああなたとであいたい)

あなたと 咲かせよう ファンタジア あなたと出会いたい

(ふぁんたじああなたとかなでたいふぁんたじあきっとかならず)

ファンタジア あなたと奏でたい ファンタジア きっと必ず

(つばさかさねいまはじまるあいのふぁんたじあ)

翼重ね 今始まる 愛のファンタジア

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。