愛し

投稿者ぜんざいP プレイ回数1081
楽曲情報 愛し  RADWIMPS  作詞野田 洋次郎  作曲野田 洋次郎
難易度(3.5) 2172打 歌詞 かな 長文モード可 タグ歌詞 愛し RADWIMPS 恋愛 歌詞打ち 野田洋次郎
RADWIMPSの愛しです!
RADWIMPSの愛しです。
これは2005年5月25日にリリースした3枚目のシングルの一曲です。
※このタイピングは「愛し」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

虹

二宮和也 作詞作曲です。

プレイ回数4550
歌詞かな820打
からくりピエロ

からくりピエロ

40MPさんのからくりピエロです。

プレイ回数496
歌詞かな839打
歌い手さん

歌い手さん

歌い手さんのタイピングです!

プレイ回数6484
短文かな314打
なんでもないや

なんでもないや

「君の名は。」主題歌

プレイ回数84916
歌詞かな2007打
そっけない

そっけない

RADWIMPSの曲です。

プレイ回数10803
歌詞1383打
グランドエスケープ

グランドエスケープ

天気の子 最高でした!

プレイ回数7482
歌詞かな639打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だれかをあいせたあのときのきもちでいつもいれたら)

誰かを愛せたあの時の気持ちでいつもいれたら

(だれかをきずつけることばもこのよにはなかっただろうなあ)

誰かを傷つける言葉もこの世にはなかっただろうなあ

(みちていてかれていてこころはいつもだれかを)

満ちていて 枯れていて 心はいつも誰かを

(つきはなしてまたもとめていつもときのせいにして)

つきはなして また求めて いつも時のせいにして

(きずつけてきたひとのかおにだけもざいくをかけてまたこころはあいをさがす)

傷つけてきた人の顔にだけモザイクをかけて また心は愛を探す

(あいされるそのためだけにやさしさはあると)

愛されるそのためだけに優しさはあると

(はずかしがることもなくそれをひととよんだ)

恥ずかしがることもなく それを人と呼んだ

(あいしているというこえがないているようにきこえた)

愛しているという声が 泣いているように聞こえた

(こころがいつかうそをつくのをぼくはどこかでしっていたの)

心がいつか嘘を つくのを 僕はどこかで知っていたの

(もっとじぶんをすきになれってくらいひとにやさしいきみへ)

もっと自分を好きになれってくらい人に優しい君へ

(じぶんのためにつかうこころのこってるの)

自分のために使う心 残ってるの?

(ぼくはだめなのぼくのこころぼくだけのためにつかうものなの)

僕はダメなの 僕の心 僕だけのために使うものなの

(こんなぼくをなぜいとしくおもえるの)

こんな僕をなぜ愛しく 思えるの?

(きみのまぶたはぼくがじぶんのためにいつもうそをつくたびただなみだこぼすの)

君のまぶたは 僕が 自分のために いつも 嘘をつくたび ただ涙こぼすの

(かみさまはしってたすべてこうなることをそしてきみのひとみおおきくつくったの)

神様は知ってた 全て こうなることを そして 君の瞳大きく作ったの

(そこからみていたのしっていたのいつでもぼくはぼくのことを)

そこから見ていたの 知っていたの いつでも僕は僕のことを

(だれよりなによりいちばんすきなのを)

誰より何より 一番好きなのを

(それなのにそれなのにきみのことばはいう)

それなのに それなのに 君の言葉は言う

(こんなぼくにだれよりなによりぼくがいとしいという)

こんな僕に誰より何より 僕が愛しいと言う

(きみはそれをやさしさとよぶことさえしらずに)

君はそれを優しさと 呼ぶことさえ知らずに

(きみのいつだってだれかのためにあったこころはいつも)

君の いつだって誰かのためにあった心はいつも

(どれだけじぶんをあいせただろう)

どれだけ自分を愛せただろう

(ぼくにいつだってやさしくしすぎていたぼくはいつも)

僕に いつだって優しくしすぎていた僕はいつも

(どれだけのだれかをあいせただろう)

どれだけの「誰かを」愛せただろう

(ことばはいつもそのひとをうつしたがってた)

言葉はいつもその人を映したがってた

(かみさまはなぜこんなちかくにことばをつくったの)

神様はなぜこんな近くに言葉を作ったの?

(こころはいつもことばにかくれだまってた)

心はいつも言葉に隠れ黙ってた

(かみさまはなぜこんなふかくにこころをつくったの)

神様はなぜこんな深くに心を作ったの?

(こころとことばがかさなってたらひとつになったら)

心と言葉が重なってたら 一つになったら

(いくつのきみへのかなしいうそがやさしいいろになってたろう)

いくつの君への悲しい嘘が優しい色になってたろう

(みんなそうじぶんのためだけにいつもだれかがいる)

みんなそう自分のためだけにいつも「誰か」がいる

(じゃあそのだれかのためにはなんでぼくはいないの)

じゃあその「誰か」の ためにはなんで僕はいないの?

(きみはそうきっとそうじぶんよりすきなひとがいるじぶんがすきなの)

君はそう きっとそう 「自分より好きな人がいる」自分が好きなの

(いまはいえるよじぶんよりすきなきみいるいまのぼくがすき)

今は 言えるよ 「自分より好きな君いる」今の僕が好き

(ひとがひとのためにながすなみだそれこそがあいのそんざいのあかしだ)

人が人のために流す涙それこそが愛の存在の証だ

(それをおしえてくれたのはきみだきみがつくったぼくのこころは)

それを教えてくれたのは君だ君が作った僕の心は

(たがためにそれがぼくのためにいまはいえるそれがありのままに)

「誰がために それが僕のために」今は言えるそれがありのままに

(いきてくことだとそれがひとなんだと)

生きてくことだとそれが人なんだと

(ぼくはそれをやさしさとよぶことはもうしないよ)

僕はそれを優しさと呼ぶことはもうしないよ

(きみのいつだってだれかのためにあったこころはきっと)

君のいつだって誰かのためにあった心はきっと

(そんなじぶんをあいしたのだろう)

そんな自分を愛したのだろう

(ぼくもいつかはあいせるかなきみのようになれるかな)

僕もいつかは愛せるかな君のようになれるかな

(ぼくはどれだけのだれかをあいせるかな)

僕はどれだけの「誰かを」愛せるかな

(ないたねきみはないたねこころがないてとさけぶまま)

泣いたね君は泣いたね心が「泣いて」と叫ぶまま

(ぼくをきらいにならないようにそういのるように)

僕を嫌いにならないようにそう祈るように

(きみはあいしたねひとをあいしたねこころがかれそうになるまで)

君は愛したね人を愛したね心が枯れそうになるまで

(きみのぶんまできみのためにかれるまで)

君の分まで君のために枯れるまで

(あいしているというこえがないているようにきこえた)

愛しているという声が泣いているように聞こえた

(こころがいつかひとをすくうのをきみはいつでもしっていたの)

心がいつか人を救うのを君はいつでも知っていたの

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ぜんざいPのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971