シド chapter 1

投稿者のらプレイ回数211
楽曲情報 CHAPTER 1  シド  作詞マオ  作曲御恵 明希
難易度(3.8) 894打 歌詞 かな 長文モード可
※このタイピングは「CHAPTER 1」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(にらみつけるかなたかんせいのむこうのしょうり)

睨みつける彼方 歓声の向こうの勝利

(だれかのゆめのあとをふみこえればいたみをしる)

誰かの夢の跡を 踏み越えれば 痛みを知る

(わかりあえたともをせんゆうとよべるまで)

解り合えた友を 戦友と呼べるまで

(ついやしたときとおとほこれるころみちひらけた)

費やした時と音 誇れる頃 道 拓けた

(ずっとあこがれてたけしきとはすこしちがういまはあいせる)

ずっと憧れてた景色とは 少し違う 今は愛せる

(このひろいそらへはばたくにはつけすぎたじょそうときみをつれていこう)

この広い空へ羽ばたくには つけすぎた助走と君を連れて行こう

(みちのりのけわしさにたいさはないだろうぼくをきざもう)

道のりの険しさに大差はないだろう 僕を刻もう

(あきらめるわけならなんどもあたえられた)

諦める理由なら 何度も与えられた

(つらぬけるよろこびはしめいとなりかえがたいもの)

貫ける喜びは 使命となり 代えがたいもの

(だれのためでもないぼくのためそれもちがうわかちあってきた)

誰の為でもない僕の為 それも違う 分かち合ってきた

(きせつがかわればいろもかわるそれすらみのがさないしきしゃでありたい)

季節が変われば色も変わる それすら見逃さない指揮者で在りたい

(それぞれにほうがくをさだめたあのひからさいしゅうしょうへと)

それぞれに方角を定めたあの日から 最終章へと

(あけないよるがあるだれもがまよいすくいもとめている)

明けない夜がある 誰もが 迷い 救い 求めている

(まもることできないぼくだからせめてそばにいるときはあかりともそう)

守ることできない僕だから せめて傍にいるときは 明かり灯そう

(このひろいそらへはばたくにはつけすぎたじょそうときみをつれていこう)

この広い空へ羽ばたくには つけすぎた助走と君を連れて行こう

(みちのりのけわしさにたいさはないだろうぼくをきざもう)

道のりの険しさに大差はないだろう 僕を刻もう

(きせつがかわればいろもかわるそれすらみのがさないしきしゃでありたい)

季節が変われば色も変わる それすら見逃さない指揮者で在りたい

(それぞれにほうがくをさだめたあのひからたびのはじまりさいしゅうしょうへと)

それぞれに方角を定めたあの日から 旅の始まり 最終章へと

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

のらのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971