カゲロウデイズ

投稿者星菜(17)プレイ回数000
楽曲情報 カゲロウデイズ  じん(自然の敵P)  作詞じん(自然の敵P)  作曲じん(自然の敵P)
難易度(3.7) 1368打 歌詞 長文モード可タグ和楽器バンド ボカロ カゲロウデイズ
フルです
和楽器バンド『カゲロウデイズ』フル
※このタイピングは「カゲロウデイズ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • シャルル

    シャルル

    愛を 謳って。

    プレイ回数504560
    歌詞かな1065打
  • アスノヨゾラ哨戒班

    アスノヨゾラ哨戒班

    君が笑う再会の夜空へ。

    プレイ回数244951
    歌詞980打
  • 命に嫌われている。

    命に嫌われている。

    カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

    プレイ回数219946
    歌詞1812打
  • ヴィラン 一番のみ

    ヴィラン 一番のみ

    てにをはさんのヴィラン一番のみです!

    プレイ回数26583
    歌詞かな376打
  •  KING

    KING

    KanariaさんのKINGの歌詞タイピングです。

    プレイ回数24872
    歌詞かな816打
  • 天ノ弱 歌詞打

    天ノ弱 歌詞打

    GUMI 天ノ弱

    プレイ回数251607
    歌詞かな988打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(8がつ15にちのごご12じはんくらいのこと)

8月15日の午後12時半くらいのこと

(てんきがいい)

天気が良い

(びょうきになりそうなほどまぶしいひざしのなか)

病気になりそうなほど眩しい日差しの中

(することもないからきみとだべっていた)

することも無いから君と駄弁っていた

(「でもまあなつはきらいかな」ねこをなでながら)

「でもまあ夏は嫌いかな」猫を撫でながら

(きみはふてぶてしくつぶやいた)

君はふてぶてしくつぶやいた

(ああ、にげだしたねこのあとをおいかけて)

ああ、逃げ出した猫の後を追いかけて

(とびこんでしまったのは)

飛び込んでしまったのは

(あかにかわったしんごうき)

赤に変わった信号機

(ばっととおったとらっくが)

バッと通ったトラックが

(きみをひきずってなきさけぶ)

君を轢きずって鳴き叫ぶ

(ちしぶきのいろ、きみのかおりと)

血飛沫の色、君の香りと

(まざりあってむせかえった)

混ざり合ってむせ返った

(うそみたいなかげろうが)

嘘みたいな陽炎が

(「うそじゃないぞ」ってわらってる)

「嘘じゃないぞ」って嗤ってる

(なつのみずいろ、かきまわすような)

夏の水色、かき回すような

(せみのねにすべてくらんだ)

蝉の音に全て眩んだ

(めをさましたとけいのはりがなりひびくべっどで)

目を覚ました時計の針が鳴り響くベッドで

(いまはなんじ?)

今は何時?

(8がつ14かのごぜん12じすぎくらいをさす)

8月14日の午前12時過ぎ位を指す

(やけにうるさいせみのこえおぼえていた)

やけに煩い蝉の声覚えていた

(でもさあ、すこしふしぎだな。)

でもさあ、少し不思議だな。

(おなじこうえんできのうみたゆめをおもいだした)

同じ公園で昨日見た夢を思い出した

(「もうきょうはかえろうか」みちにぬけたとき)

「もう今日は帰ろうか」道に抜けた時

(まわりのひとはみなうえをみあげくちをあけていた)

周りの人は皆上を見上げ口を開けていた

(らっかしてきたてっちゅうがきみをつらぬいてつきささる)

落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる

(つんざくひめいとふうりんのおとがきぎのすきまでからまわり)

劈く悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空廻り

(わざとらしいかげろうが「ゆめじゃないぞ」)

ワザとらしい陽炎が「夢じゃないぞ」

(ってわらってる)

って嗤ってる

(くらむしかいにきみのよこがお、)

眩む視界に君の横顔、

(わらっているようなきがした)

笑っているような気がした

(なんどせかいがくらんでもかげろうがわらってうばいさる。)

何度世界が眩んでも陽炎が嗤って奪い去る。

(くりかえしてなんじゅうねん。)

繰り返して何十年。

(もうとっくにきがついていたろ。)

もうとっくに気が付いていたろ。

(こんなよくあるはなしなら)

こんなよくある話なら

(けつまつはきっと1つだけ。)

結末はきっと1つだけ。

(くりかえしたなつのひのむこう。)

繰り返した夏の日の向こう。

(ばっとおしのけとびこんだ、しゅんかん)

バッと押しのけ飛び込んだ、瞬間

(とらっくにぶちあたる)

トラックにぶち当たる

(ちしぶきのいろ、きみのひとみときしむからだにらんはんしゃして)

血飛沫の色、君の瞳と軋む体に乱反射して

(もんくありげなかげろうに「ざまあみろよ」)

文句ありげな陽炎に「ざまあみろよ」

(ってわらったら)

って笑ったら

(じつによくあるなつのひのこと。)

実によく在る夏の日のこと。

(そんななにかがここでおわった。)

そんな何かがここで終わった。

(めをさました8がつ14かのべっどのうえ)

目を覚ました8月14日のベッドの上

(しょうじょはただ)

少女はただ

(「まただめだったよ」と)

「またダメだったよ」と

(ひとりねこをだきかかえてた)

一人猫を抱きかかえてた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。