B'z いつかのメリークリスマス

投稿者点子プレイ回数23080
楽曲情報 いつかのメリークリスマス  B’z  作詞稲葉 浩志  作曲松本 孝弘
難易度(4.1) 1087打 歌詞 長文モード可タグB'z いつかのメリークリスマス 歌詞 芸能人
※このタイピングは「いつかのメリークリスマス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 10028 10.1 98.5% 106.8 1087 16 24 2020/07/17
2 wan 6599 S+ 6.7 97.2% 159.1 1081 31 24 2020/06/13
3 茶々 5916 A+ 6.3 94.1% 175.1 1105 69 24 2020/06/25
4 もみあげ 3949 D++ 4.1 94.8% 260.3 1087 59 24 2020/06/15
5 小梅 3804 D++ 3.9 96.7% 275.2 1083 36 24 2020/07/27

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆっくりと12がつのあかりがともりはじめ)

ゆっくりと12月のあかりが灯りはじめ

(あわただしくおどるまちをだれもがすきになる)

慌ただしく踊る街を誰もが好きになる

(ぼくははしりへいてんまぎわきみのほしがったいすをかった)

僕は走り 閉店まぎわ  君の欲しがった椅子を買った

(にもつかかえでんしゃのなかひとりでしあわせだった)

荷物抱え 電車のなか  ひとりで幸せだった

(いつまでもてをつないでいられるようなきがしていた)

いつまでも手をつないでいられるような気がしていた

(なにもかもがきらめいてがむしゃらにゆめをおいかけた)

何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた

(よろこびもかなしみもぜんぶわかちあうひがくること)

喜びも悲しみも全部 分かちあう日がくること

(おもってほほえみあっているいろあせたいつかのめりーくりすます)

想って微笑みあっている 色褪せたいつかのメリークリスマス

(うたいながらせんろぞいをうちへとすこしいそいだ)

歌いながら線路沿いを 家へと少し急いだ

(どあをあけたきみはいそがしくゆうしょくをつくっていた)

ドアを開けた君はいそがしく  夕食を作っていた

(ほこらしげにぷれぜんとみせるときみはこころからよろこんで)

誇らしげにプレゼントみせると 君は心から喜んで

(そのかおをみたぼくもまたすなおにきみをだきしめた)

その顔を見た僕もまた 素直に君を抱きしめた

(いつまでもてをつないでいられるようなきがしていた)

いつまでも手をつないでいられるような気がしていた

(なにもかもがきらめいてがむしゃらにゆめをおいかけた)

何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた

(きみがいなくなることをはじめてこわいとおもった)

君が居なくなることを はじめて怖いと思った

(ひとをあいするということにきがついたいつかのめりーくりすます)

人を愛するということに 気がついたいつかのメリークリスマス

(へやをそめるろうそくのひをみながらはなれることはないと)

部屋をそめるろうそくの灯を見ながら 離れることはないと

(いったあとできゅうにぼくはなぜだかわからずないた)

言った後で急に 僕は何故だかわからず泣いた

(いつまでもてをつないでいられるようなきがしていた)

いつまでも手をつないでいられるような気がしていた

(なにもかもがきらめいてがむしゃらにゆめをおいかけた)

何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた

(きみがいなくなることをはじめてこわいとおもった)

君がいなくなることを はじめて怖いと思った

(ひとをあいするということにきがついたいつかのめりーくりすます)

人を愛するということに 気がついたいつかのメリークリスマス

(たちどまってるぼくのそばをだれかがあしばやに)

立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に

(とおりすぎるにもつをかかえしあわせそうなかおで)

通り過ぎる 荷物を抱え 幸せそうな顔で

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

点子のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971