花火

投稿者杏彩陽プレイ回数000
楽曲情報 花火  小野 大輔  作詞渡辺 拓也  作曲渡辺 拓也
難易度(3.1) 1090打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 声優 小野大輔
小野大輔 花火
※このタイピングは「花火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(たいふうがすぎてまちはかぜをかんじていた)

台風が過ぎて 街は風を感じていた

(ぼくはいそぎあしでひとなみをかきわけた)

僕は急ぎ足で 人波をかき分けた

(とうきょうのそらにこんやはながさくらしい)

東京の空に 今夜花が咲くらしい

(そらはまちわびているくもひとつないまま)

空は待ちわびている 雲ひとつないまま

(いそがしいまいにちにおわれてねむるだけ)

忙しい毎日に 追われて眠るだけ

(それらしいいいわけでおきざりにしているゆめのあと)

それらしい言い訳で 置き去りにしている夢の跡

(だれもがやさしいけれどだれもがさびしいから)

誰もが優しいけれど 誰もが寂しいから

(いごこちのいいばしょにそっとながれている)

居心地の良い場所にそっと 流れている

(ぼくらはあてもなくてなにかによりそうから)

僕らはあてもなくて 何かに寄り添うから

(あのひみたはなびおもいだしておとなになっていく)

あの日見た花火思い出して 大人になっていく

(それにきづかずそらをみあげてた)

それに気付かず 空を見上げてた

(ふりかえるひまもないままに)

振り返る暇もないままに

(あふれだすひとはたのしそうにあるいてる)

溢れ出す人は 楽しそうに歩いてる

(ぼくはなにかをさがしてはしりだしていたんだ)

僕は何かを探して 走り出していたんだ

(なにくわぬひょうじょうでひびをすごしている)

何食わぬ表情で日々を過ごしている

(わすれられないのにわすれたふりをしているゆめのさき)

忘れられないのに 忘れたフリをしている夢の先

(あしたもまたつづいていくきょうのつづきだけを)

明日もまた続いていく 今日の続きだけを

(しらずしらずのうちにきっとくりかえしてる)

知らず知らずの内にきっと 繰り返してる

(ぼくらはそれでもまだなにかをしんじたいから)

僕らはそれでもまだ 何かを信じたいから

(うちあがるはなびながめてたいろとりどりの)

打ち上がる花火眺めてた 色とりどりの

(はながさいているそらにみとれてた)

花が咲いている 空に見惚れてた

(あのころのぼくにあいにいく)

あの頃の僕に会いにいく

(たしかにきいていたなつがおわるおと)

確かに聞いていた 夏が終わる音

(くりかえしなりひびくむねのおくをしめつけるおとだった)

繰り返し鳴り響く 胸の奥を締め付ける音だった

(だれもがやさしいけれどだれもがさびしいから)

誰もが優しいけれど 誰もが寂しいから

(いごこちのいいばしょにそっとながれるけど)

居心地の良い場所にそっと 流れるけど

(ぼくらはあてもなくてなにかによりそうから)

僕らはあてもなくて 何かに寄り添うから

(あのひみたはなびおもいだしておとなになっていく)

あの日見た花火思い出して 大人になっていく

(それにきづかずそらをみあげてた)

それに気付かず 空を見上げてた

(ふりかえるひまもないのならまえをみてあるこう)

振り返る暇もないのなら 前を見て歩こう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。