三日月サンセット

投稿者krプレイ回数000
楽曲情報 三日月サンセット  サカナクション  作詞山口 一郎  作曲山口 一郎
難易度(3.5) 60秒 歌詞 かな 長文モード可タグサカナクション タイピング練習
※このタイピングは「三日月サンセット」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくはしゃつのそででながしたなみだをふいたんだ)

僕はシャツの袖で流した涙を拭いたんだ

(そらにはゆうぐれのつきあかいたれまくのした)

空には夕暮れの月 赤い垂れ幕の下

(もどかしくいきるひびのすきまをうめたことばは)

もどかしく生きる日々の隙間を埋めた言葉は

(たよりないきみがぼくにみせるよわさだった)

頼りない君が僕に見せる弱さだった

(くだりざかをじてんしゃこぐいつもからまわり)

下り坂を自転車こぐ いつも空回り

(ひがしからにしはてからはてまでとおりすぎていけ)

東から西 果てから果てまで通り過ぎて行け

(ゆうひあかくそめそらにはとり)

夕日赤く染め 空には鳥

(あたりまえのにちぼつのなかで)

あたりまえの日没の中で

(きみはいませなかごしになにをいおうかかんがえてたんだろう)

君は今 背中越しに何を言おうか考えてたんだろう

(ぼくはみかづきのかげをおやゆびでかくして)

僕は三日月の影を親指で隠して

(かわいためのおくのほうへおしこんだんだ)

渇いた目の奥の方へ 押し込んだんだ

(みちなりすすむふたりひきずってあるくながいかげ)

道なり進む二人引きずって歩く長い影

(そらにはゆうぐれのつきあかいたれまくのした)

空には夕暮れの月 赤い垂れ幕の下

(ゆれるかたがかなでるりずむあるくひとのなみ)

揺れる肩が奏でるリズム 歩く人の波

(うそからなやみつぎからつぎへとくりかえすだろう)

嘘から悩み 次から次へと繰り返すだろう

(ゆうひあかくそめそらにはとり)

夕日赤く染め 空には鳥

(あたりまえのにちぼつのなかで)

あたりまえの日没の中で

(きみはいませなかごしになにをいおうかかんがえてたんだろう)

君は今 背中越しに何を言おうか考えてたんだろう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。