カウント10 竹原ピストル

スポンサーリンク
投稿者おにく プレイ回数67 順位8997位 お気に入り1
楽曲情報 カウント10  竹原 ピストル  作詞竹原 ピストル  作曲竹原 ピストル
難易度(3.5) 2184打 歌詞 タグ歌詞 竹原ピストル
※このタイピングは「カウント10」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数551934
歌詞かな1119打
パプリカ

パプリカ

Foorin/パプリカ

プレイ回数21262
歌詞かな769打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数73881
かな30秒
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数279321
歌詞かな1066打
Pretender

Pretender

Official髭男dism/Pretender

プレイ回数27062
歌詞1330打
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数100464
歌詞1811打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すべてをみつくしたふりをして)

全てを見尽くしたふりをして

(すべてをききつくしたふりをして)

全てを聞き尽くしたふりをして

(はしりかたをわすれたふりをして)

走り方を忘れたふりをして

(さけびかたをわすれたふりをして)

叫び方を忘れたふりをして

(しゅうちゃくもできずなげやりにもできず)

執着もできず 投げやりにも出来ず

(もじどおり”てきとう”にうまいことやって)

文字通り"適当"にうまいことやって

(ちゃかしてむりにほほえんでみたところで)

茶化して無理に微笑んでみたところで

(そこにみえるのは)

そこに見えるのは

(ただひたすらにまぶたのうらっかわであり)

ただひたすらに瞼の裏っ側であり

(あしたじゃないそんなのはあしたじゃない)

明日じゃない そんなのは明日じゃない

(ほんとはおぼえているだろ?)

ほんとは覚えているだろ?

(ほんとはおぼえているだろ?)

ほんとは覚えているだろ?

(どはでにまっこうからたちむかって)

ド派手に真っ向から立ち向かって

(しかしどはでにまっこうからぶったおされて)

しかし ド派手に真っ向からブッ倒されて

(ゆがんでかすんで)

歪んで 霞んで

(かけたしかいのさきにあるそれこそが)

欠けた視界の先にあるそれこそが

(しょうしんしょうめいいどみつづけるべきあしただってことを)

正真正銘 挑み続けるべき明日だってことを

(さあもういちどたちあがろうぜ)

さあ もう一度立ち上がろうぜ

(そしてまたどこまでもこぶしをのばそうぜ)

そしてまた どこまでも拳を伸ばそうぜ

(だうん!から)

ダウン! から

(かうんと123456789までは)

カウント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 までは

(かなしいかなかみさまのたぐいに)

哀しいかな 神様の類に

(もんどうむようで)

問答無用で

(かぞえられてしまうものなのかもしれない)

数えられてしまうものなのかもしれない

(だけどかうんと10だけは)

だけど カウント10だけは

(じぶんのあきらめがかぞえるものだ)

自分の諦めが数えるものだ

(ぼくはどんなにうちのめされようとも)

ぼくはどんなに打ちのめされようとも

(ぜったいにかうんと10をかぞえない)

絶対にカウント10を数えない

(たしかに)

確かに

(だれにたのんでならしてもらったごんぐじゃない)

誰に頼んで鳴らしてもらったゴングじゃない

(たとえばきせつのように)

例えば季節のように

(いつのまにか)

いつの間にか

(はじまっていたたたかいなのかもしれない)

始まっていた戦いなのかもしれない

(しかも)

しかも

(うんやらえんやらさいのうやらといったふわついた)

運やら縁やら才能やらといったふわついた

(しかし)

しかし

(ぜったいてきにきょうだいなことがらがどこまでもつきまとう)

絶対的に強大な事柄がどこまでも付き纏う

(ちっともふぇあじゃないたたかいなのかもしれない)

ちっともフェアじゃない戦いなのかもしれない

(だからといってふてくされて)

だからと言って 不貞腐れて

(もがきもせずあがきもせず)

もがきもせず あがきもせず

(たとえばきせつのように)

例えば季節のように

(いつのまにかおわるのだけは)

いつの間にか終わるのだけは

(まっぴらごめんなんだ)

まっぴらごめんなんだ

(だれかがいってた)

誰かが言ってた

(じんせいにかちまけなんてないんだと)

人生に勝ち負けなんてないんだと

(たしかにそうなのかもしれない)

確かにそうなのかもしれない

(しかしじんせいとのたたかいにおけるかちまけ)

しかし 人生との戦いにおける勝ち負け

(にありーいこーる)

ニアリーイコール

(じぶんとのたたかいにおけるかちまけは)

自分との戦いにおける勝ち負けは

(やっぱりあるとおもう)

やっぱりあると思う

(おれはぜったいにまけたくないから)

俺は絶対に負けたくないから

(どんなにうちのめされようとも)

どんなに打ちのめされようとも

(またたちあがって)

また立ち上がって

(またどこまでもこぶしをのばす)

またどこまでも拳を伸ばす

(ちなみにはなしはかわらないようでかわりますが)

ちなみに話は変わらないようで変わりますが

(ぼくは)

ぼくは

(”じんせいにかちまけなんてないんだ”)

"人生に勝ち負けなんてないんだ"

(というひとのじんせいに)

という人の人生に

(こころをうごかされたことは)

心を動かされたことは

(いちどたりともない)

一度たりとも 無い

(ほんとはおぼえているだろ?)

ほんとは覚えているだろ?

(ほんとはおぼえているだろ?)

ほんとは覚えているだろ?

(どはでにまっこうからたちむかって)

ド派手に真っ向から立ち向かって

(しかしどはでにまっこうからぶったおされて)

しかし ド派手に真っ向からブッ倒されて

(ゆがんでかすんで)

歪んで 霞んで

(かけたしかいのさきにあるそれこそが)

欠けた視界の先にあるそれこそが

(しょうしんしょうめいいどみつづけるべきあしただってことを)

正真正銘 挑み続けるべき明日だってことを

(さあもういちどたちあがろうぜ)

さあ もう一度立ち上がろうぜ

(そしてまたどこまでもこぶしをのばそうぜ)

そしてまた どこまでも拳を伸ばそうぜ

(だうん!から)

ダウン! から

(かうんと123456789までは)

カウント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 までは

(かなしいかなかみさまのたぐいに)

哀しいかな 神様の類に

(もんどうむようで)

問答無用で

(かぞえられてしまうものなのかもしれない)

数えられてしまうものなのかもしれない

(だけどかうんと10だけは)

だけど カウント10だけは

(じぶんのあきらめがかぞえるものだ)

自分の諦めが数えるものだ

(ぼくはどんなにうちのめされようとも)

ぼくはどんなに打ちのめされようとも

(ぜったいにかうんと10をかぞえない)

絶対にカウント10を数えない

(かうんと123456789さあ)

カウント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 さあ

(もういちどたちあがろうぜ)

もう一度立ち上がろうぜ

(もういちどどこまでもこぶしをのばそうぜ)

もう一度 どこまでも拳を伸ばそうぜ

(かうんと123456789どんなに)

カウント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 どんなに

(うちのめされようとも)

打ちのめされようとも

(ぜったいにかうんと10をかぞえるな)

絶対にカウント10を数えるな

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

おにくのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾第9014141001Y38026