サークルゲーム Galileo Galilei

投稿者pp*プレイ回数553
楽曲情報 サークルゲーム  Galileo Galilei  作詞尾崎 雄貴  作曲GALILEO GALILEI
サークルゲームの歌詞タイピングです。
※このタイピングは「サークルゲーム」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わすれなぐさがさくころにはなびらのいろおもいだす)

忘れな草が咲く頃に花びらの色思い出す

(しずかなめをしたあのことたかくそらにのぼっていくゆめ)

静かな目をしたあの子と高く空に上っていく夢

(ひこうきぐもをひなたにえがくろけっとぼーいずと)

飛行機雲を日向に描くロケットボーイズと

(ながめてわらうとっぴょうしのないじあいをむねにいだくがーるず)

眺めて笑う突拍子のない慈愛を胸に抱くガールズ

(ときはぐるぐるそんなぼくらもみんないなくなって)

時はぐるぐる そんな僕らもみんないなくなって

(おざなりになるくらいめまぐるしいひびにせつなくなる)

おざなりになるくらい目まぐるしい日々に切なくなる

(「いつかまたここでね」さよならのこえがいつまでもひびいて)

「いつかまたここでね」さよならの声がいつまでも響いて

(せなかをおすこともなくぼくらをつないだ)

背中を押すこともなく僕らを繋いだ

(あいまいなこともたんじゅんなこともみんないろづいていく)

曖昧なことも単純なこともみんな色づいていく

(ことばにならないこのくすぶったきもちだきしめていたいよ)

言葉にならないこのくすぶった気持ち抱きしめていたいよ

(あいまいなこともたんじゅんなこともみんなおなじだって)

曖昧なことも単純なこともみんな同じだって

(ぼくらのうたこのむねのまんなかではなをさかせている)

僕らの歌 この胸の真ん中で花を咲かせている

(かけだしたひとりのごごだあれもいないまちをくぐり)

駆け出した一人の午後 だあれもいない街をくぐり

(まわるあそびからいちぬけてきみのことをおもいでにしてしまう)

廻る遊びからいちぬけて君のことを思い出にしてしまう

(さーくるげーむをつづけてぼくはいのってきみはうたう)

サークルゲームを続けて僕は祈って君は歌う

(きえないまぼろしをかなえようだからいのってぼくはうたう)

消えない幻を叶えよう だから祈って僕は歌う

(さーくるげーむをつづけようぼくらははねておもみをしる)

サークルゲームを続けよう 僕らは跳ねて重みを知る

(かわるよろこびやかなしみをここでいのってうたにしてみたりする)

変わる喜びや悲しみをここで祈って歌にしてみたりする

(「やっとまたあえたね」なつかしいきみのこえがする)

「やっとまた会えたね」懐かしい君の声がする

(きづけばぼくらはちゅうにうかびあがってときにおいやられ)

気付けば僕らは宙に浮かびあがって時に追いやられ

(あいまいなこともたんじゅんなこともみんなはなびらのよう)

曖昧なことも単純なこともみんな花びらのよう

(ただよいながらすきをまわっているだけふりかえらないで)

漂いながら空を廻っているだけ 振り返らないで

(かぜにはこばれたわすれなぐさがみんなおいこしていく)

風に運ばれた忘れな草がみんな追い越していく

(ぼくらうたずっとさきにあのいろのはなをさかせている)

僕ら歌ずっと先にあの色の花を咲かせている

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

pp*のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971