ロング・グッド・バイ

投稿者柘榴プレイ回数378
楽曲情報 ロング・グッド・バイ  幸村 精市  作詞永井 幸子  作曲佐藤 晃
難易度(3.1) 887打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 テニスの王子様 幸村精市
テニプリキャラソン「ロング・グッド・バイ」の歌詞打ちです
※このタイピングは「ロング・グッド・バイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まちのひがにじむはいうぇい)

街の灯(ひ)が滲むハイウェイ

(このままゆれて)

このまま揺れて

(もどれないひとつのかげ)

戻れないひとつの影

(かぞえたほしがきえてゆくのを)

数えた星が 消えてゆくのを

(おなじおもいでみあげたよる)

同じ想いで 見上げた夜

(かたくにぎったてのぬくもり)

堅く握った 手の温もり

(ゆめをはなしたなにもしらないで)

夢を話した 何も知らないで

(わらいあったきせつが)

笑い合った季節が

(すぎてゆくこと)

過ぎてゆくこと

(せつなさになみだがあふれだして)

切なさに 涙があふれ出して

(つたうこと)

つたうこと

(いまはただとおざかる)

今はただ遠ざかる

(まちのあかりを)

街の灯りを

(みつめてはしるよるのはいうぇい)

見つめて走る夜のハイウェイ

(おもわず)

おもわず

(こえにだしてつぶやくなはかぜにまって)

声に出して つぶやく名は 風に舞って

(いつかとどくのならそれでも)

いつか届くのならそれでも

(さよならはいわずにgood-bye)

さよならは言わずに good-bye

(くだらないこときそいあって)

くだらないこと 競い合って

(きずつけあったひもあったね)

傷つけあった 日もあったね

(かたをならべてあるいたみち)

肩を並べて 歩いた道

(ふたしかなものおいかけていた)

不確かなもの 追いかけていた

(ほんとうはわかってた)

本当は分かってた

(いつかこのひが)

いつかこの日が

(くることをこころのおくのほうで)

来ることを 心の奥の方で

(きづいてた)

気づいてた

(まちのひがにじむはいうぇい)

街の灯(ひ)が滲むハイウェイ

(このままゆれて)

このまま揺れて

(もどれないふりかえらないと)

戻れない振り返らないと

(ちかって)

誓って

(かがやくひびむねにだいてとわにつづく)

輝く日々 胸に抱いて 永久(とわ)に続く

(おわらないみらいへのlonggood-bye)

終わらない未来への long good-bye

(ほんとうはわかってた)

本当は分かってた

(いつかこのひが)

いつかこの日が

(くることをこころのおくのほうで)

来ることを 心の奥の方で

(きづいてたのに)

気づいてた…のに

(いまはただとおざかる)

今はただ遠ざかる

(まちのあかりを)

街の灯りを

(みつめてはしるよるのはいうぇい)

見つめて走る夜のハイウェイ

(おもわず)

おもわず

(こえにだしてつぶやくなはかぜにまって)

声に出して つぶやく名は 風に舞って

(いつかとどくのならそれでも)

いつか届くのならそれでも

(さよならはいわずにgood-bye)

さよならは言わずに good-bye

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!