絵はがきの春

投稿者erngプレイ回数281
楽曲情報 絵はがきの春  Aqua Timez  作詞太志  作曲太志
難易度(3.9) 1071打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞
Aqua Timez 絵はがきの春
※このタイピングは「絵はがきの春」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(といきでくもるがらすどごしにまぶしさをながめていた)

吐息でくもるガラス戸ごしに 眩しさを眺めていた

(つくえにふせてだきしめてみるいろとりどりのうちゅう)

机に伏せて 抱きしめてみる 色とりどりの宇宙

(すきなこにおはようっていえたあのあさのことはわすれない)

好きな子におはようって言えた あの朝のことは忘れない

(ただひとはいとしいとおもうのとどうじにあいされたいとおもってしまういきもの)

ただ人は愛しいと思うのと同時に 愛されたいと思ってしまう生き物

(きみのてをつよくにぎりしめてこごえていたのはぼくのほうだとしる)

君の手を強く握りしめて 凍えていたのは僕の方だと知る

(きみのてまでつめたくしてしまうのにつよくにぎりかえしてくれた)

君の手まで冷たくしてしまうのに 強く握り返してくれた

(これがわけあうということなのでしょうか)

これが分け合うということなのでしょうか

(すこしだけわかったきがしましたかみさま)

少しだけわかった気がしました 神様

(いちだんとばしかけあがるたびせなかではずむらんどせる)

一段飛ばし 駆け上がる度 背中で弾むランドセル

(げつようのあさくせげがはしゃぐおさないひのきみをおもう)

月曜の朝 癖毛がはしゃぐ 幼い日の君を想う

(きみもおもいえがいてくれてるのかなぼくがどんなふうにすごしてきたかを)

君も思い描いてくれてるのかな 僕がどんな風に過ごしてきたかを

(きそくてきにくりかえされるきみのねいきをきいていたらあさにつつまれた)

規則的に繰り返される 君の寝息を聞いていたら 朝に包まれた

(やわらかいひざしをみかたにしてやすらかなはるをさがしにゆこう)

柔らかい陽射しを 味方にして 安らかな春を 探しにゆこう

(きしゃにのりちずをみずにこころのまま)

汽車に乗り 地図を見ずに 心のまま

(もりのなかをかぜがおよぐようにじゆうに)

森の中を風が泳ぐように 自由に

(とおくてもおなじつきをみてたとおくてもおなじひかりをみてた)

遠くても同じ月を見てた 遠くても同じ光を見てた

(とおくてもひとつしかないうるんでもしんじた)

遠くてもひとつしかない 潤んでも信じた

(てをつなぎみあげるまひるのつき)

手を繋ぎ 見上げる 真昼の月

(ひとのてってこんなにあったかいんだ)

人の手ってこんなにあったかいんだ

(じんせいってまだこんなにすばらしいんだ)

人生ってまだこんなに素晴らしいんだ

(きみがわらうとぼくもうれしいそうおもえるじぶんにやっとであえた)

君が笑うと僕もうれしい そう思える自分にやっと出逢えた

(きみにもそうおもってもらえるひがくるように)

君にもそう思ってもらえる日が来るように

(えはがきのうらあのはるのけしきをたよりにきみとさがせたら...)

絵はがきの裏 あの春の景色を たよりに 君と探せたら...

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!