ポラリス

投稿者SiNAプレイ回数000
楽曲情報 ポラリス  ヒトリエ  作詞WOWAKA  作曲WOWAKA
難易度(2.5) 1990打 歌詞 かな 長文モード可タグBOROTO ヒトリエ NARUTO ナルト ポラリス
BOROTOのエンディングテーマです。
※このタイピングは「ポラリス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 刀剣乱舞 92振ver

    刀剣乱舞 92振ver

    刀剣男士のタイピングです。五月雨江まであります。

    プレイ回数6525
    かな1236打
  • アンノウン・マザーグース

    アンノウン・マザーグース

    wowakaさんの「アンノウン・マザーグース」です

    プレイ回数12274
    歌詞かな1952打
  • シルエット

    シルエット

    ナルトで使われた曲です

    プレイ回数10254
    歌詞かな888打
  • 星のうつわ

    星のうつわ

    スキマスイッチさんの 星のうつわ  記号は抜いてあります。

    プレイ回数958
    歌詞かな1039打
  • ナルト名言集

    ナルト名言集

    漫画NARUTOの名言集です

    プレイ回数727
    長文かな1685打
  • ブルーバード

    ブルーバード

    いきものがかり

    プレイ回数14033
    歌詞かな776打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だれがとめられるというの)

誰が止められるというの

(こころがさけんだこえを)

心が叫んだ声を

(ああいますぐにつたえなくっちゃ)

ああ 今すぐに伝えなくっちゃ

(いけないきがしたんだよ)

いけない気がしたんだよ

(せかいはなぜだかしらんかお)

世界はなぜだか知らん顔

(ぼくはいつもからまわり)

僕はいつも空回り

(ああであいのかずはひとつでいい)

ああ 出会いの数は1つで良い

(きみがそこにいさえすればいい)

君がそこにいさえすればいい

(どこにいくにもさまよってまちがうばかりのひびだ)

どこに行くにも彷徨って間違うばかりの日々だ

(ああぼくはうまくやれるかな)

ああ 僕はうまくやれるかな

(またなきそうになったよ)

また泣きそうになったよ

(きっとあなたはだいじょうぶ)

「きっとあなたは大丈夫」

(とてもつよいひとだから)

「とても強い人だから」

(そのことばのおくでわらうかお)

その言葉の奥で笑う顔

(いつもすくわれていたの)

いつも救われていたの

(なんおくとおりのさいぼうではんのうしたあのひのきみだって)

何億通りの細胞で反応したあの日の君だって

(このむねにきざまれたいたみはそうぞうなんてしてましたか)

この胸に刻まれた痛みは想像なんてしてましたか

(これほどくりかえしたかんじょうでいったいなにをこたえたらいい)

これほど繰り返した感情で一体何を答えたらいい?

(これだけつみかさねたとしつきでいったいなにをうたえばいい)

これだけ積み重ねた年月で一体何を歌えばいい?

(わすれられるはずもないけど)

忘れられるはずもないけど

(きみのこえをきかせてほしくて)

君の声を聞かせてほしくて

(なきじゃくれるばしょをみつけてさけんでしまいたいだけ)

泣きじゃくれる場所を見つけて叫んでしまいたいだけ

(ひとりきりでもつづくせい)

ひとりきりでも続く生

(ゆめのおわりをつげるこえ)

夢の終わりを告げる声

(だれもいないみちをいけ)

誰も居ない道を行け

(だれもとめられやしないよ)

誰も止められやしないよ

(またいっぽあしをふみだして)

また一歩 足を踏み出して

(あなたはとてもつよいひと)

あなたはとても強い人

(だれもいないみちをいけ)

誰も居ない道を行け

(だれもいないみちをいけ)

誰も居ない道を行け

(どれだけなみだをながして)

どれだけ涙を流して

(あけないよるをすごしたろう)

開けない夜を過ごしたろう

(そのすべてのよるにいみはある)

そのすべての夜に意味はある

(そうしんじてやまないんだよ)

そう信じてやまないんだよ

(きっとあなたはだいじょうぶ)

きっとあなたは大丈夫

(だれよりひとりをしってる)

だれより「ひとり」を知ってる

(このことばのいみすらこえてさ)

この言葉の意味すら超えてさ

(とてもつよいひとだから)

とても強い人だから

(なんぜんなんまんかいくりかえしたじもんじとうのはてはどうだ)

何千何万回繰り返した自問自答の果てはどうだ

(こどくだとかよわさだとかあたしいがいのだれもわかるはずがない)

「孤独だとか弱さだとか、あたし以外の誰もわかるはずがない」

(はきだめのなかひかるほうせきのそのまたかげにうずくまって)

掃き溜めの中 光る宝石のそのまた影にうずくまって

(でもいったいあたしはだれなんだって)

でも「一体あたしは誰なんだ」って

(さけべるほどよわくもなくて)

叫べるほど弱くもなくて

(いろあせぬほこりをしれたのは)

色褪せぬ誇りを知れたのは

(だれでもなくあなたのせいで)

誰でもなく あなたのせいで

(ぼくはどれだけなにをあたえることができていたのでしょうか)

僕はどれだけ何を与えることができていたのでしょうか

(このむねにともったひとかけらの)

この胸に灯った一欠けらの

(あかりのいみをいまいうよ)

明かりの意味を今言うよ

(きどあいらくすべてがぼくのゆずれないひかりだってこと)

喜怒哀楽すべてが僕の譲れない光だってこと

(どこにでもいけるはずだ)

どこにでも行けるはずだ

(そのひかりにしたがって)

その光に従って

(なにをいわずともきっと)

何を言わずともきっと

(きみはしっているはずだろう)

君は知っているはずだろう

(そのいっぽあしをふみだした)

その一歩 足を踏み出した

(あなたはとてもつよいひと)

あなたはとても強い人

(だれもいないみちをいけ)

誰も居ない道を行け

(だれもいないみちをいけ)

誰も居ない道を行け

(うたがうことばかりおぼえたぼくらのたつみらいで)

疑うことばかり覚えた僕らの立つ未来で

(こえをからしてさけびたい)

声を枯らして叫びたい

(さけびたいと)

叫びたいと

(ゆめをうたうことすらわすれていたけれど)

夢を歌うことすら忘れていたけれど

(いまどうしようもなくつたえたい)

今 どうしようもなく 伝えたい

(わすれられるはずもないだろう)

忘れられるはずもないだろう

(きみのこえがいまもきこえる)

君の声が今も聞こえる

(なきわらいおどりうたうみらいのむこうがわまでいこう)

泣き笑い踊り歌う未来の向こう側まで行こう

(ひとりきりのこのみちも)

ひとりきりのこの道も

(さめないゆめのゆくさきも)

覚めない夢の行く先も

(だれもしらぬあすへいけ)

誰も知らぬ明日へ行け

(だれもとめられやしないよ)

誰も止められやしないよ

(またいっぽあしをふみだして)

また一歩 足を踏み出して

(あなたはとてもつよいから)

あなたはとても強いから

(だれもいないみちをいける)

誰も居ない道を行ける

(だれもいないみちをいける)

誰も居ない道を行ける

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。