さくらのうた

投稿者Tomプレイ回数175
楽曲情報 さくらのうた  KANA-BOON  作詞谷口 鮪  作曲谷口 鮪
難易度(2.2) 854打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 KANA-BOON
KANA-BOONの「さくらのうた」です。
「」、句読点なしです。
※このタイピングは「さくらのうた」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さくらがすきだときみはいった)

さくらが好きだと君は言った

(だけどぼくはおもうんだ)

だけど僕は思うんだ。

(このはなよりもきれいなはなが)

「この花よりも綺麗な花が

(めのまえにさいている)

目の前に咲いている」

(なんてね)

なんてね。

(じょーくのひとつもいえずに)

ジョークのひとつも言えずに

(ぼくはこどもだった)

僕は子供だった

(なさけなくなるなあの)

情けなくなるなぁ

(いつもくちからでるのはめろでぃー)

いつも口から出るのはメロディー

(かんたんなせりふもいいだせなくて)

簡単な台詞も言い出せなくて

(こくどうぞいをあるいてきみとうたった)

国道沿いを歩いて君と歌った、

(わすれられないや)

忘れられないや

(ぼくのおもいをそっときみにうたった)

僕の想いをそっと君に歌った、

(さくらのうた)

さくらのうた

(のーとをひらくときみのもじが)

ノートを開くと君の文字が

(こえになってつきささる)

声になって突き刺さる

(かりたままのことばをあつめて)

借りたままの言葉をあつめて

(きょくにしてきみにかえす)

曲にして君に返す

(なんてね)

なんてね。

(そんなさいのうのひとつも)

そんな才能の一つも

(もちあわせていないんだけど)

持ち合わせていないんだけど

(いつもくちからでるのはめろでぃー)

いつも口から出るのはメロディー

(できあがったころにはもうおそくて)

出来上がった頃にはもう遅くて

(こくどうぞいをはしってひとりうたった)

国道沿いを走って一人歌った、

(わすれられないうた)

忘れられない歌

(ぼくたちだけのおもいでつめこんだ)

僕たちだけの思い出つめこんだ、

(さくらのうた)

さくらのうた

(なんでどうしておしえて)

なんで、どうして、おしえて

(こたえてぼくはこどもだった)

こたえて、僕は子供だった、

(もうもどれないのかなあ)

もう戻れないのかなぁ

(でもねふたりでみたあのさくらは)

でもね、二人で見たあのさくらは

(ことしもきれいにさいているんだよ)

今年も綺麗に咲いているんだよ

(だからもどっておいでよ)

だから戻っておいでよ、

(ぼくだけのさくらのはなよ)

僕だけの桜の花よ。

(こくどうぞいをはしってぼくはうたった)

国道沿いを走って僕は歌った

(きみをわすれないためのうた)

君を忘れないための歌

(ほんとのぼくのきもちをつめこんだ)

ほんとの僕の気持ちを詰め込んだ

(さくらのうた)

さくらのうた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。