祝福のメシアとアイの塔

スポンサーリンク
投稿者ミルクティー プレイ回数139 順位499位
楽曲情報 祝福のメシアとアイの塔  ひとしずく×やま△  作詞ひとしずく×やま△  作曲ひとしずく×やま△
難易度(3.0) 2166打 歌詞 かな タグ歌詞 ボカロ 初音ミク 鏡音リン
「共に分け合っていこう」
※このタイピングは「祝福のメシアとアイの塔」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 テルル 5238 B+ 5.5 95.1% 391.9 2163 110 73 2019/03/17
2 游似 4820 B 5.2 92.8% 413.0 2157 166 73 2019/03/13
3 ねむ 4371 C+ 4.6 93.9% 463.2 2165 140 73 2019/03/18
4 h_mah 4152 C 4.5 92.5% 479.5 2166 175 73 2019/03/12
5 ルリア 3481 D 3.6 94.8% 588.0 2164 117 73 2019/03/15

関連タイピング

シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数179173
歌詞かな1066打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数10424
かな30秒
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数59662
歌詞1811打
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数65773
歌詞980打
ロキ

ロキ

死ぬんじゃねえぞ お互いにな!

プレイ回数38866
歌詞1335打
ボーカロイドタイピング

ボーカロイドタイピング

ボーカロイドの曲名のタイピングです

プレイ回数509564
120秒

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しゅうえんのだいちのはてのこされたこは)

終焉の大地の果て 残された子らは

(たよりなくちいさなてをかさねて)

頼りなく小さな手を重ねて

(すこやかなるときもやめるときもただしんじて)

健やかなる時も 病める時も ただ信じて…

(ともにわけあっていこう)

「共に分け合っていこう」

(ひとのちをこえておもいあがったおろかなひつじに)

人の智を超えて 思い上がった愚かな羊に

(かみのさばきがくだった)

神の裁きが下った

(ほろびゆくせかいをまもりつづけるあいのとうには)

滅びゆく世界を守り続ける「アイの塔」には

(せかいのじゅみょうがともる)

世界の寿命が灯る

(わかもののむらにおうこくのししゃがもたらした)

若者の村に 王国の使者がもたらした

(よげんのしらせ)

予言の知らせ

(はりこのしょうじょにほまれたかきつぎのめしあへと)

針子の少女に 誉れ高き【次のメシア】へと

(しんたくがおりた)

神託が降りた

(とうのなかにまもられししゅくふくは)

塔の中に守られし【祝福】は

(ここのつのめしあだけがたまうえいこう)

9つの メシアだけが賜う【栄光】

(きみとともにぼくらもとうへつれだとう)

君と共に 僕らも塔へ連れ立とう

(ほろびゆくらくえんのいのちつなぐため)

滅びゆく楽園の命、繋ぐため

(しゅくふくをこのてにこころうちならし)

祝福をこの手に 心、打ち鳴らし

(えいこうをつかみとれけんめいに)

栄光を掴み取れ 懸命に…

(しんじあうなかまとともにたすけあえば)

信じあう仲間とともに 助け合えば

(おそれるものは、なにもない)

恐れるものは、なにもない

(さいしょのしゅくふくを)

最初の祝福を

(いのちがうずまくはなやぐなみのとびらへてをのばす)

命が渦巻く【華やぐ波】の扉へ 手を伸ばす

(ふとおおきなてをかさねてせいねんがいった)

ふと、大きな手を重ねて 青年が言った

(ともにわけあっていこう)

「共に分け合っていこう」

(めしあをおしのけよことられたさいしょのしゅくふく)

メシアを押しのけ 横取られた最初の祝福

(なかまたちはいがみあい)

仲間たちは いがみ合い

(ひたつめのとびらあかきめをちばしらせ)

2つ目の扉 赤き目を血走らせ

(けんしはほのおのうたげにきょうじる)

剣士は【炎の宴】に興じる

(めぐみのようこんをかちとって)

【恵みの陽光】を勝ち取って

(えつにいるあねのてをふりはらい)

悦に入る姉の手を振り払い

(くやしげなかおでいもうとはあんそくのやみへ)

悔しげな顔で 妹は【安息の闇】へ

(いきまいてすすむ)

息巻いて進む

(えらばれたのはわたしなのに)

「選ばれたのは、私なのに…」

(ひとりじめはゆるさない)

「「独リ占メハ許サナイ…」」

(よくはひとをかえてしまうのか)

「欲」は人を変えてしまうのか?

(そうはしゅくしをたゆたうだいちにささげて)

僧は祝詞を【揺蕩う大地】に捧げて

(うたびとはらいめいのはやしくちずさむ)

詩人は【雷鳴の囃子】口遊ぶ

(しゅくふくをこのてにこころとぎすまし)

祝福をこの手に…心、研ぎ澄まし

(えいこうをうばいとれわれさきに)

栄光を奪いとれ 我先に…

(しんじあうなかまはどこへだれもがてき)

信じあう仲間は、何処へ…誰もが、敵?

(たちきりなさいすぎたあいを)

断ち切りなさい 過ぎた愛を

(つむじかぜのろんどにおどりこがまう)

【旋風のロンド】に踊り子が舞う

(そうせいのあねはかたわれをおしのけ)

双生の姉は 片割れを押しのけ

(はくぎんのぞのへ)

【白銀の園】へ

(かんきのしずくはながれるまもなくいてた)

歓喜の雫は 流れる間もなく 凍てた

(ここのつめのしゅくふくはねむれるまぐまのたいどう)

9つ目の祝福は 眠れる【マグマの胎動】

(そうせいのおとうとはめしあをあざむいて)

双生の弟はメシアを欺いて

(ほこらしげにわらった)

誇らしげに笑った

(しんじたなかまにうらぎられ)

信じた仲間に裏切られ

(しゅくふくはすべてよことられた)

【祝福】はすべて 横取られた

(ともらぬとーちかかげながら)

灯らぬトーチ 掲げながら

(いのりのさいだんへ)

祈りの祭壇へ…

(とうのなかにふうじられししゅくふくというなの)

塔の中に封じられし【祝福】という名の

(めしあにかせられたしょくざい)

メシアに課せられた【贖罪】

(にえとともにのりこえためしあよ)

【贄】と共に 乗り越えたメシアよ

(いまこそあたらしきらくえんのいのちつなぎたせ)

今こそ 新しき楽園の命、繋ぎ足せ

(あらなみにおぼれしずみごうかのうみをまい)

荒波に溺れ沈み 業火の海を舞い

(むじひなかんてんにくずおれて)

無慈悲な干天に頽れて

(とわにあけぬやみにくるいだいちにのまれても)

永遠に明けぬ闇に狂い 大地に呑まれても

(きみひとりでいかせはしない)

君独りで、いかせはしない

(さばきのいかずちにうたれふうじんにさかれて)

裁きの雷に打たれ 風神に裂かれて

(こころごとこおらされてもしゃくねつをはう)

心ごと凍らされても 灼熱を這う

(すこやかなるときもやめるときもただしんじて)

健やかなる時も 病める時も ただ信じて…

(ともにわけあっていこう)

「共に分け合っていこう」

(みちびきのひをつなげとうときにえのはて)

導きの灯を繋げ 尊き贄の果て

(おろかなるれんさはとわにくりかえす)

愚かなる連鎖は 永遠に繰り返す…

(しんじあったなかまたちにたすけられて)

信じあった仲間たちに 助けられて

(かちとったひをたかくかかげて)

勝ち取った灯を 高く掲げて

(あかつきのかねがなくえいこうのしらべ)

暁の鐘が鳴く 栄光の調べ

(かみのをいをさずけられためしあは)

神のを威を授けられたメシアは

(ひとりしずかにわらいながら)

独り静かに笑いながら…

(ここのつのあいをうみて)

9つの【哀】を生みて

(さいだんにてをのばした)

祭壇に手を伸ばした

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。