右肩の蝶

投稿者柘榴プレイ回数4441
楽曲情報 右肩の蝶  VALSHE  作詞水野 悠良  作曲のりぴー
難易度(3.0) 1196打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 ボカロ 鏡音レン のりぴー
レンくんバージョンです★
※このタイピングは「右肩の蝶」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みぎかたにむらさきちょうちょうきすをしたこのへやのすみで)

右肩に紫蝶々 キスをしたこの部屋の隅で

(せつないというかんじょうをしる)

切ないという感情を知る

(ひびくぴあのふきょうわおん)

響くピアノ 不協和音

(わるいゆめにうなされたわたしをはやくおこして)

悪い夢にうなされた私を早く起こして

(どんなことでもはじまりは)

どんなことでも始まりは

(ささいなことでしょう)

些細なことでしょう?

(どこがいいかなんてきかれてもこまる)

どこがいいかなんて 聞かれても困る

(きれいなよるにまどわされたままゆくえふめいだから)

綺麗な夜に惑わされたまま行方不明だから

(ながいまつげ)

長いまつげ

(みかづきあいらいんまぶたにのせて)

三日月アイラインまぶたに乗せて

(ひかるりっぷ)

光るリップ

(みぎかたにむらさきちょうちょうきすをしたこのへやのすみで)

右肩に紫蝶々 キスをしたこの部屋の隅で

(せつないというかんじょうをしる)

切ないという感情を知る

(ひびくぴあのふきょうわおん)

響くピアノ 不協和音

(あめのなかでぬれたかみがいじょうにつめたくて)

雨の中で濡れた 髪が異常に冷たくて

(さみしさをといれにはきだして)

寂しさをトイレに吐き出して

(ふるえてまってる)

震えて待ってる

(おいかけてはにげるからそれいじょうでかえして)

追いかけては逃げるからそれ以上で返して

(しんけんだからわらうといたいめにあうよいい)

真剣だから笑うと痛い目に遭うよいい?

(あかいつめとやすもののゆびわ)

赤い爪と 安物の指輪

(きずつくたびふえるぴあす)

傷付く度増えるピアス

(だきよせてゆがんだからだ)

抱き寄せて 歪んだ体

(うめるのはあなたしかいない)

埋めるのはあなたしかいない

(そうでしょうわかってるくせに)

そうでしょう? わかってるくせに

(きょうかいせんとっくにこえてる)

境界線とっくに越えてる

(こうかいはしぬほどしてる)

後悔は死ぬほどしてる

(そのぶんだけかいかんをよびさます)

その分だけ快感を呼び覚ます

(くるいだしたわたしをとめて)

狂いだした私を止めて

(いっしゅんでらくにしてよ)

一瞬でラクにしてよ

(きずぐちからとけだしたものは)

傷口から溶け出したものは

(あいじょうそれともah)

愛情 それとも Ah…

(こうかいはしぬほどしてる)

後悔は死ぬほどしてる

(そのぶんだけかいかんをよびさます)

その分だけ快感を呼び覚ます

(くるいだしたわたしをとめて)

狂いだした私を止めて

(いっしゅんでらくにしてよ)

一瞬でラクにしてよ

(だきよせてゆがんだからだ)

抱き寄せて 歪んだ体

(うめるのはあなたしかいない)

埋めるのはあなたしかいない

(そうでしょうわかってるくせに)

そうでしょう? わかってるくせに

(きょうかいせんとっくにこえてる)

境界線とっくに越えてる

(みぎかたにむらさきちょうちょうきすをしたこのへやのすみで)

右肩に紫蝶々 キスをしたこの部屋の隅で

(せつないというかんじょうをしる)

切ないという感情を知る

(ひびくぴあのふきょうわおん)

響くピアノ 不協和音

(みぎかたにむらさきちょうちょう)

右肩に紫蝶々

(せつないというかんじょうをしる)

切ないという感情を知る

(ふきょうわおん)

不協和音

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

柘榴のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971