月とストーブ

投稿者bambiプレイ回数000
楽曲情報 月とストーブ  鈴村 健一  作詞鈴村 健一  作曲飯塚 昌明
難易度(3.0) 1025打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 鈴村健一
鈴村健一
※このタイピングは「月とストーブ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あわくきおくくすぐるごごしちじのいえじ)

淡く記憶くすぐる 午後七時の家路

(とおいとおいしちゅーのかおり)

とおいとおいシチューの香り

(すこしせつなくてむやみにおしゃべりになるぼくはいま)

少し切なくて無闇におしゃべりになる僕は今

(きみにどううつるかな)

君にどう映るかな?

(たがいにきざんできたれきしやてつがくが)

互いに刻んできた歴史や哲学が

(あたらしいみちへとさそってくれるんだ)

新しい道へと誘ってくれるんだ

(ふぞろいなふたりのあしおとほこらしくなってはにかむ)

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ

(よぞらへとしみていくそのりずむをだきしめて)

夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて

(かわりはじめるせかいきみとだけいけるばしょがある)

変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある

(ことばすらこえるぬくもりのさきへ)

言葉すら越えるぬくもりの先へ

(かじかむてのひらかさねてふゆがすきなきみと)

かじかむ掌重ねて冬が好きな君と

(ちょっぴりとおまわりしてかえろう)

ちょっぴり遠回りして帰ろう

(ふるいかふぇのまどぎわめにとまるけしき)

古いカフェの窓際 目にとまる景色

(ばすていのろうふうふのせなか)

バス停の老夫婦の背中

(しらがまじりでしわくちゃで)

白髪混じりでしわくちゃで

(でもこどもみたいなえがおにふっとこころかるくなる)

でも子供みたいな笑顔にフッと心軽くなる

(おわりにむかっていくぼくたちだからこそ)

終わりに向かっていく僕達だからこそ

(かみしめていけるんだよりそういみを)

噛み締めていけるんだ 寄り添う意味を

(きたかぜにゆれるがいろじゅが)

北風に揺れる街路樹が

(ちゅうしゃじょうのねむれそうなねこが)

駐車場の眠れそうな猫が

(いきているよろこびをあいのうたをとどけるよ)

生きている喜びを 愛の歌を 届けるよ

(ものがたりをつむいでいくぼくらのために)

物語を紡いでいくぼくらのために

(まるでしゅくふくするように)

まるで祝福するように

(ふぞろいなふたりのあしおとほこらしくなってはにかむ)

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ

(よぞらへとしみていくそのりずむをだきしめて)

夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて

(かわりはじめるせかいくんとだけいけるばしょがある)

変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある

(ことばすらこえるぬくもりのさきへ)

言葉すら越えるぬくもりの先へ

(かじかむてのひらかさねてふゆがすきなきみと)

かじかむ掌重ねて冬が好きな君と

(ちょっぴりとおまわりしてかえろう)

ちょっぴり遠回りして帰ろう

(もうすぐゆきのふるこのまちへ)

もうすぐ雪の降るこの街へ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。